FC2ブログ

記事一覧

災害後6年間は一区切りとすべき

東日本大震災、そして福島は原子力災害だ。

今朝も区役所に来た。

ナンバーのないトラクターに課税されている、おかしいと言いに来ている人がいた。
朝、早くから大声を出していたが、役所で調べたら、震災まえつまり6年前はお支払い
いただいていたと。
ご本人は災害復興期間6年間があまりにも長すぎた、
恐らく特例でトラクターなど農機具は無課税にしていたのだろうが、周知してなかったの
だおうと推察する。
役所もいろんな対応があり、そこまでやってなかった。

それでトラクターの持ち主のご本人は錯覚と言うかそれが当たり前になっていた
ので、文句を言いに来たのだ。
係員は根気よく説明していたが。6年間はやはり、現実を作ってしまい、それが、
当たり前、通常になったのだ。
不幸なことだ。誰も悪くない。

政府は金を出すだけでなく、方針をだし、「一区切り」宣言をすべきだ。


スポンサーサイト



コメント

No title

>政府は金を出すだけでなく、方針をだし、「一区切り」宣言をすべきだ。

もちろん「区切り」は既に決まっています
震災後10年たつ、平成33年3月に復興庁は解散です。

この後は、1円も出ない、優遇もないというのが建前で。
しかし、被災者を切り捨てるのか、という批判が巻き起こるでしょう。

No title

> yak*****さん
10年間、復興庁の世話になっていた国民は暮らしていけません。
人間から主体性を奪うとどうなるか、心理学の研究材料にしか
ならない存在。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ