FC2ブログ

記事一覧

帝国海軍のメタルリンク

これは帝国海軍戦闘機の胴体機銃7.7mmのメタルリンクで三つしかないが、
零戦では600発つながっていた。


本物を見つけるのはとても難しいく、アリゾナに隠居していた米国陸軍軍需部の
一人暮らしの老人からもらったものだ。
ビッカースのものと変わりないが、入っているケースにカタカナと「7.7」とある。

かなり固く入っており手では抜けない。
機関銃はすざましい力、ガス圧を利用して、分間2000発とかのスピードで
弾丸をこのリンクから抜き、装填、発射、を繰り返す。

発射されるとリンクはバラバラに外れ空中からばらまかれる。
地上用機銃なら地面に散らばる。

珍しいものではないが、珍しものになってしまった。
最近、無可動の弾薬類を整理していたら出てきた。アリゾナに行ったことを思い出した。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ