FC2ブログ

記事一覧

「21世紀の中華」川島 真先生著

外交研究会の講師である川島先生の本だ。
連休中に読んだ。

中国大好きオジサンたちも本当の中国を理解しているか、私のように反中の人間はまずは
あの国の国家創立、王朝、概念からして識ることが必要だと感じた。


日本は国家としてはほぼ同一の民族、言語そして19世紀半ばには識字率の高いまとまっていた
国家で、行き来やインフラがり、近代化ができた。

それを当てはめては駄目だ。川島先生は中国は100年前まで王朝名はあっても国家名はない
存在であり、清朝は近代化に励んでいたが、それに失敗し崩壊したと。

周 近平「王朝」は何を考えているか、それに関しての幾つかの論文をまとめたものがこの本である。

今日の講義は「日本の台湾統治と台湾の現在の対日観」に関して出あった。

ちょと難しいが「一つの中国論」にこの本は触れてない。そしてそれを画策したユダヤ人、キッシンジャーの
最近の謀略に関しての質問をした。

納得のいく回答は、当然期待してなかった」。
ただ、日本帝国は戦争する相手を間違えた。それが結論であり、戦勝国でもない共産中国には
歴史認識を問題にされたくないし、対等以上の議論をふっかけるべきである。
そして先生が言うように「台湾」への対応は真剣に考えるべきだ。


スポンサーサイト



コメント

No title

日本帝国に殺された人(日本人を含めて)のおもいが重んじられていない記事。おもいのに重くないとは論理矛盾。

No title

貴重なご意見まことにありがとうございます。> 櫻(N)さん

No title

共産主義思想はポルポトの悲劇が直近の悲劇でした。そして
中国も文化革命の恐怖から逃げられません。> yakozen888さん

No title

清朝のGDPには当時の日本は比較にもならないほど小さく、日本は近代化に成功しつつあった、清朝は1900年に様々な改革を試みたが
(例えば科挙制度を廃止し学歴とした)それらが中途半端になり、欧米の餌食、果ては日本帝国にも、やられただけで、もともと大国です。
それがおかしな非現実的な制度や汚職腐敗、権力闘争がある、民主主義でないなど、普遍的価値観が大いに異なるから、我が国もあいかわらず不幸な存在です。> yakozen888さん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ