FC2ブログ

記事一覧

憲法を改正しないとミサイル開発はできない

日本国はもはや外国に進出し戦闘する、政権を倒すなどと言うことはできないし必要もない。
恐らく将来もこの方針は貫くだろう。
もはやそういうことを自分だけでやるメリットはないからだ。
だから集団安全保障を原則としている。攻撃力のある国との同盟関係で、役目を分担する。
今のところそれはうまく機能している。

装備する軍備も防衛が目的である。
ミサイルもその例外ではない。
対空、対地、対海など各種のミサイルは装備しているし、潜水艦には魚雷があるが、魚雷は
魚雷、そこにミサイルを装備する意志はない。下はsaad,forthも必要だろう。



だが、北朝鮮はい800本の日本を攻撃できるミサイルを装備し、その4分の1、200本を同時に
発射できる能力があるそうだ。

もし200本を同時に発射するとなると、
戦略的には半分は展開する日米艦艇を目標に、50本は本土の軍事基地を、そして残りの50本が
市街地を襲うだろうと言うのが一般的な見方だ。

主要市街地、生産工場、そして需要なインフラはは占領してから使用するのが原則なので、どういう
ところに向かうかは、想像に任す。京都、奈良などは彼らにはまったく価値はない。
原発は将来必要な設備から攻撃はしない。

核を200個、準備することは今のところ直ぐにはできない。
でも核を使うことは明らかだ。

冷静に具体的に彼らが考えていることを予測すれば対策は立てれるが、日本に必要なのは迎撃
ミサイル網だけではなく、彼らのミサイル発射場を攻撃できるミサイルが必要だ。
これは現実的な策だが、今のところ憲法を改正し「自衛のための攻撃ができる」ように記述する
必要はあろう。
スポンサーサイト



コメント

No title

ボクシングに例えてみましょう。
あなたが使えるのは、ウィーピングやヘッドスリップ、ダッキングそしてガードだけ、一切相手にパンチを浴びせてはいけない。

そんなルールを課せられたなら、何ラウンド耐えられるか。
相手が子どもだったり、へなちょこならばいざ知らず。
力を蓄えた相手なら。

わが憲法には、そもそもボクサーになってはいけないし、リングに上がって戦ってもいけないと、そう書いてあるのです。
ボクシングをしなければ、ボクシングに負けることはない、逆説的にはその通りですが・・・。

No title

この問題は意図と能力の問題ではないでしょうか?
確かに改憲は時間が掛かります。是は宿命です。

しかし、専守防衛を戦略守勢に戻す事はそれ程難しくはないです。ところが、必要な能力を築くには、改憲と同じか、若しくは、それ以上の時間と手間が掛かり兼ねません。

BMD等が、その一例で。

尤も、現状は過度期です。
日本は世界最先端のBMDを築き上げました。そして、そうりゅう級SSに対地対艦攻撃能力を持つハープーンブロック2の装備化を決定し、米の輸出承認も終了。引き渡しは来年ですが、それ以降は、限定的ながらも、敵基地攻撃能力を有します。

また、民間防衛も、防災訓練で、対テロ訓練が行われていましたが、弾道ミサイル想定の避難訓練が、過日、秋田で行われましたから。

そして、時代も変わりました。
ハープーンブロック2の件は元より、防災訓練で、対テロや弾道ミサイル想定の避難訓練が行われていますが、左翼もそれ程騒いでません。

この様に盾は元より、槍もささやかながらも整えられつつあります。後は情報関係の充実と最大の問題『決断』さえ、上手く行けば…。

No title

私には、泥縄のようなスピードにしか思えませぬ。
主殿の親記事によれば、今にも「200発の弾道弾」の同時飽和攻撃を受けるのです。
これを技術的に防ぎきれるかどうかは、日本にとって死活の問題になります。

運よく第1波攻撃を完全撃墜しても、敵は何のダメージも受けません。
「800発」あると言う装備の続く限り、反復攻撃するだけである。

現行憲法を順守する限り、ぎりぎり綱渡りのような「第2次朝鮮戦争」の展開になる。
国家として最低限度の権能である国民保護は、それでいいのか。
装備うんぬんよりも脅威は目前にあるのに、制度的になっておらぬ。そのことを言っておるのです。

憲法改正の世論調査では若年層ほど改憲賛成、年配者は改憲反対だという。
若者よ、戦争放棄と戦力不保持の日本国憲法のままでは、亡国と抑圧の未来が待っているだけである。

じいさん、ばあさんの世迷言など聴くべからず。

No title

良い例だと思います。国際的にまったく不公平な時代遅れなもの。しかも国内のテロ対策の法律も共産党とシンパにより国は危険にさらされている。日本の敵は日本国民にあり。> yakozen888さん

No title

総合的に警戒監視をはじまり、危険な攻撃対策は系統をなしておりません。網羅、攻撃も含め言われるように高い能力が必要です。どうも危険を容認する勢力に甘い国です。> th3**3さん

No title

次なる国政選挙を待って、絶対多数を盤石にして。
さらに800億円かけて国民投票をやり。

自衛隊を「違憲」にしない程度の一部加憲をやる、という茶の濁し方ですから。
自主憲法制定を結党の旗印にしたのは、どこの政党であったか。

民主主義の弱点は、スピードとパワーに絶対的に欠けることです。
最悪のシナリオとしては、後手を踏み、大打撃を喰らい。

追い詰められて非常事態宣言などで、憲法も議会も停止して大慌てで救国体制に、という不幸な流れになるのでは・・・。

No title

> yakozen888さん
あり得ます予想です。真剣さが足りない。見通しが甘い。それに国民が
認識してないことを理解してないのが最大の問題。

No title

まさにその通りです。
深刻な一撃を被ってから、狼狽して。
どうしてこんなことになった、責任者は出てこいと騒ぐ。

三国志の時代ならば、人心がゆるみ切ったゆえ国が滅んだと、簡潔に記されて終わりでしょう。

No title

後世、歴史をみると「ジョウキセン4杯」以上のショックを受けるはずです。> yakozen888さん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ