FC2ブログ

記事一覧

国の天然記念物トキを撃ったハンター

国がトキを絶滅から救い、巨額の費用を使い、繁殖を続けているのに、どうして
このような事故が起こったのであろうか。

このハンターはシロサギを有害鳥獣駆除のために田圃で撃っていた。
シロサギの害はどのようなものかしらないが、あちこちで見る。

きちんと見ればすぐわかるシロサギ


白い色を見て迷わずに発砲したのであろう。

夏の狩猟は難しい。

獲物の全身が見えない。
緑が多く、色の判別も勘違いすることがある。

本日、上野の銃砲店に用事があり行った。
夏の熊は一番、難しいらしい。判別が難しいし、一瞬でこちらが襲われるからだ。

それにしても、トキが巣をつくり、ひなを育てている場所、あちこちにサインが無ければ、もしくは
有害鳥獣も禁止にしておかねば、巨額な費用が無駄になる。
馬鹿な事故だ。
スポンサーサイト



コメント

No title

鷺鳥は内水面漁業とコロニー糞害で捕獲申請されるのだと思われます。採餌場でコウノトリと混生していても識別出来ない奴は人間を撃ってしまう銃猟不適格な身心状態の方なので当人と任命者は責められますね。

No title

鳥類の糞は確かに有害な物質を多く含み、農業の敵でしょう。車にカラスの糞がついたままにしておくと、後悔しました。今の塗装はそんなことはないがしばらくすると化学変化を起こします。このハンターに免許を与えたものは告訴でしょう。> iwa*igi*za*さん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ