FC2ブログ

記事一覧

昨日、福島に来た

山は涼しい。結局、いろいろ動きまわったが汗はかかなかった。

道路を新設すると、もとの入り口は変わらず復元するそうだ。
道路が上がってしまった、当家の重いモノ、農業をしていたときはトラックやトラクターが
出入りしていたところは苦労した。車が傾斜を登れるように、安全にと言うことで
うまく作ってくれた。

その他、いろいろ家とその設備の故障が多い。
まったく参ってしまう。

そして表口の横に水道が立っていたが、これにどうも車をぶつけたり、見かけも悪い。
Mさんに頼んだ。
Mさんは90代半ばだ。
水道を掘り起こし、地面の枡に埋める工事をしている。
被災地の老人でもこのような人も多いのだ。ようするに根性の差だ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ