FC2ブログ

記事一覧

死語となった「専守防衛」

昨夜、観ていたBSCXの番組で出ていた話題だ。
結局、米国は北を攻撃することはできなかった。
その背後には中国の力が大きい。

日本は現在の日本国憲法を最大限に解釈しても、攻めてこなければ自衛力は使えない。
兵器が進歩し、他の状況が刻々危険水域に入っているのに、これで良いのか。

良い訳はない。
ミサイル、核弾頭を完全に防ぐことはできない。
そうなると、警戒網、(これに関しては衛星をつかいかなり先進的方法を確立しつつあるが)
海際に銃を並べるだけの防衛は非現実的だ。

この現実を90%以上の日本国民は理解してないと言って良い。だから私は一発喰らわねば
目が覚めぬと思う。その一発は都心で50万人を殺す。もう降伏の科学だ。



スポンサーサイト



コメント

No title

このことについたはやはり過去の失敗からくる考えでしょう、敗戦まで陸軍は海軍と張り合うあまりになんだかんだと理由をつけて、本来であれば日本国内に張り付いていなければならないにもかかわらず、海を渡った大陸に攻め込んできました、結果は自国を滅亡の間際まで追いやった、陸軍の罪はおもい、何のために自分たちが存在しているのかをはき違えていたとしか言いようがありません、戦後の国内における軍人不信の原因でしょう。

No title

降伏の科学ですか。黒いジョークですな。

マティス米国防長官は12日付ワシントンポスト紙で
「“most urgent and dangerous threat to peace and security,”(平和と安全への最も差し迫った脅威)」としてロシアではなく北朝鮮を名指しした。

ならばアメリカは行動あるのみであろうと。もはや有言不実行の国である。

私たちは、戦後日本史の転換点に立っています。
米国の軍事的抑止力が後退する趨勢である以上、憲法改正せずとも個別的自衛権で敵地攻撃可能と、憲法解釈の変更を宣言したうえで。

現在の英国と同じような、核ミサイル搭載原子力潜水艦(核原潜)の建造・売却を米国政府に働きかけるべきです。

在日米軍に対するいわゆる思いやり予算は全廃、在日米軍再編経費のうち、海兵隊グアム移転分等の負担も取りやめ。
この経費で、核武装化のバランスシートを取るのが相当。

以上、軍事凶暴爺の妄言。

No title

y様の御提言ですが、幾ら、独立戦争や米英戦争、ブタ戦争で血を流し合い、永らく英領カナダを隔てて、対立したものの、彼等は同じアングロサクソンの白人です。

過去、流した血の重みはあるでしょうが、米英両国は身内同士。
誠に遺憾ながら、日本は同盟関係に在っても、米英関係程ではないでしょう。最大限可能なのは、非核弾頭のトマホークやイージス アショア、THAADなどの有償供与まででは?

勿論、タダや割引販売ではないです。超高額の費用支払いは元より、お決まりのブラックボックスで雁字搦めの上で…。

とは言え、これ等が揃えば、現在よりカードが多くなります。
唯、問題は、経費もでしょうが、国内の野党や反戦平和、護憲を声高に謳われる方々が…。

No title

いや、主殿の「降伏の科学」に悪乗りした妄言ですよ、妄言。
日本人が50万人斃れても、実現しないかもしれぬ。

No title

マティス国防相の言うように北はもっとも危険な状態、は何か我々には届いてない背景や情報に基づいておると思います。核とミサイルを出されたら降伏しかないが、それでも日本人は幸福に思うかもしれません。
世の中馬鹿馬鹿しいことだらけ。上から儲からない獣医学部をつくれなどと言われ通るなら、この国はめちゃめちゃになってますよ。> yakozen888さん

No title

私も同感です。
危険水域に達していると思いますが。

馬耳東風、どこ吹く風。

No title

日本共産民進党に言ってやらねば。> yakozen888さん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ