FC2ブログ

記事一覧

「プーチンと言う男」北大木村 汎名誉教授の話

結論から言うとプーチンさん思考は我々の想像外の人であり、KGBであって、
理想を信じない人だ。
コンプレックスから柔道を始めたが、柔道が好きで、日本に親近感を持っていても
北方領土を返還する気はまったくない。

現在、ロシアは経済的にも社会的にも必ずしも良い状態でない。
軍事費は米国の9分の1だそうで、確たる産業は天然資源だから、未来は暗い。

木村さんはロシア、プーチンさんの研究では一人者で「遠い隣国」と言う著作がある。
私のゼミの教授で当時は変り者で有名であった気賀 健三先生とこの場所で数十年前
会ったと、聴いて急に親近感が増した。
気賀先生はロシア、ソ連が特に研究テーマではなく、現代経済学者として、「ソ連は
崩壊する」と言う説を半世紀以上も前から唱えていた人だ。

彼の手法は敵を作り、潰す。そういう戦略だ。
米国に対する対抗心は強くオバマさんとはパイプはなかったが、トランプさんは政治家として
の不規則性で共通はあるが、彼には苦戦するだろうと。
彼のつぎの任期は2024年、彼が72歳になるまでだがそれまで持つか、それは
疑問だとしていた。

ロシアには日本は動きようがない、戦争をする気で臨まない国は世界で日本だけだが、
誰もそういう国は相手にしないと。
スポンサーサイト



コメント

No title

ロシア、そしてプーチンと言うのは不思議な国、指導者で。

粗暴であればあるほど求心力を得、南オセチア、アブハジア、クリミアと手中に収めた。
国民は、西ヨーロッパの諸国民に遠く及ばない生活水準に甘んじながら、拍手喝采である。

大ロシアの幻想に酔っているかと思えば、シベリア開発は遠く立ち遅れ。中国人の浸透に任せている。

経済は極めて単一的で、不明朗。
しかし軍事力だけは、突出しており。

No title

彼らの財布は北のサウジアラビアです。

その上、国家暴力の権化で、力しか信用せず、土地にも汚い。しかし、その反面、2方面作戦を極度に嫌い、手のひら返しも平気です。

ですから、今は、イランと共に中近東の地図の塗り替えに精力を注ぎながら、欧州正面で西欧列強諸国との対決に備えたい。また、落ちぶれたとは言え、最大のライバル、米への対決心も忘れてはいないでしょう。

だったら、腹の底から信用できる相手ではないが、中国と偽りの関係を続けながらでも、極東は静かにしたいのでは?

それにプーチン大統領は今の処「極東の外国人人口はまだ危険水域に達していない」としていますが、いざとなれば…。

No title

領土欲に駆られ、18世紀の「エカテリーナ治世下の版図」を再びと夢見るロシアは、東の果ての小島でも、まず手放しません。

経済はいつまでたってもパッとしないが、しかし、外交・軍事ではスケールの大きい国家戦略をもっているのが彼らで。
それだけが、ロシアを大国たらしめておる所以である。

今のところ指導者は悪辣であっても、巧手なので。わが方と思惑の一致があれば、交渉と取引は出来ます。

中国と日本の対決が避けられない近未来において、にわかに重要になるであろうこの国の出方。

No title

木村教授は「ロシア人はお人よし」で片づけた。> yakozen888さん

No title

二方面政策はとらないとしてました。> th3**3さん

No title

ロシア、聴けばきくほどわからない国。勉強もしてなかった。共産主義は勉強したが、ソ連は未知だったし、そのもとのロシアはさらに知らず。> yakozen888さん

No title

私が知ったロシアの人たちの本質は、強いアルコールを呑んでいれば「ハラショー(ご機嫌)」な人たちでした。
旧ソ連時代の話ですが。

トランプ大統領は、そのロシアゲートで弾劾を掛けられる恐れもあり、どうなるかわからぬ。
中国の習近平など、果たして本当に権力を握っているかも杳として知れぬ。

一国の権力を集中して握る、最も安定したリーダーは、つまるところプーチン大統領だけです。
憂鬱な話。

No title

プーチンさんは日本好き、だからと言って日本に益を与える発想ではないところがロシアだそうです。> yakozen888さん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ