FC2ブログ

記事一覧

阿呆を大臣にするな・・安倍さん甘い

僕は自衛隊の仕事や手伝いをしてすでに10年間になるが、自衛隊員やその家族にとって
「防衛大臣」の風格や人格はとても重要な存在であり、そのために誇れるものも
苦労のタネに変わる
心配がある。

「眼鏡若作り」大臣はハイヒールで乗艦したり、今までの発言があまりにも現実を
知らない、勉強してない、と言うことの連発で、毎回三振とエラーを続けているような
野球選手に例えられるだろう。
しかし安倍さんは何でか、彼女をか可愛がってるとしか思えない。

一昨日、板橋区の区会議員応援演説で、「防衛省、自衛隊」と具体的な呼称を出したのは
公職選挙法違反だけでなく、野党にランナーもいないのにフライを打った。

都議会選挙は私は昨日投票してきたが、複雑怪奇、自民党が勝つのはとても難しい。
なぜ公明党が反対派に廻ったか、自民党議員に愛想をつかしたとしか思えない。
これは国政にまで続くと予測する。

と言って、小池さんが立ち上げた、半分共産党シンパ、半分何もわからない素人で
都議会を仕切れるわけがない。

オリンピックをひかえ、都民に恥をかかせるような結果は必至であるが、メガネの広告塔
みたいな人を可愛がっていては勝てない。b
スポンサーサイト



コメント

No title

確かに稲田防衛相の言動に、色々な問題がないとは言えません。

その極め付けは、米のマティス国防長官が来日した際、事もあろうに、夕食会の席で「自らの写真入りのチロルチョコを箱詰めでプレゼント」した有様です。

幾らバレンタインデーが近い時とは言え、米は政府関係者への贈り物
等の便宜許与に煩いし、その相手は、生涯独身を貫き、軍務に身を捧げた「戦う修道士」とも呼ばれたマティス閣下です。

其れにレディファーストの国とは言え、先方への敬意のないこのような行いは、未熟以下で、日米間に禍根を生じかねない事もわからぬのだろうか?

尤も、民間出身で、防衛問題に詳しくなくても、その言動に留意しつつ、自分で学んだり、ブレーントラストを活用する等、色々手立てはあるのですが。

誠に遺憾ながら、この時点で、稲田防衛相に引導を渡した方が、傷が少なかったでしょう。しかし、今回の事例で、大きな瑕疵が生じました。

現最高指導者にもその責が…。

No title

稲田朋美防衛相の発言に、自衛隊内にも困惑が広がる。
とも報じられておりますが。

かっては駐屯地の柵外に、自民党候補者の選挙カーが立ち寄ると。
「非当直者は全員外で体操!」と号令がかかり。

特定候補者だけ、立会演説を聞かせたと。
まあ、古い話ですが。

「お人形さん」とあだ名される防衛大臣が現職のうちは、この国も安泰ということなのか。

No title

確かに安倍総理は口では防衛力の強化は国の安全保障に繋がると言っているが言葉とは裏腹だ。> th3**3さん

No title

> yakozen888さん
> yakozen888さん
敵を油断させているのか、現実は明らかに逆ですね。

No title

他人事として客観的になら何とでもいえるが 安倍さん おごりがあるのかな、2回目だし。現代人のトランプにも通じるところがありけど真のプライドを持って政治してもらいたいもんだ。
とりあえずあの二人の女議員大臣には辞めてもらったほうが良いけど、安倍さんも引きずられると次の総理候補が思い浮かばない。

No title

自民の人材不足の始まりは小泉だが、野党はもっとひどいから共産党の
影響が大きくなってきた。困った日本の政治だ。> sf9**21さん

No title

> japaneseweaponsさん
政治家の責任と共に社会(世論)そのものにも大きな責任がありそうです、情報化社会で情報が多すぎ自分で考えることが少なくなってきてるんじゃないでしょうか。もちろん私のも責任が・・。

No title

その通りだと思います。重要な方向性への情報と、まっさつな情報が入り乱れ、少し勉強して、言われるよう自分の考え、意見のなり国民は
判断できません。顔が気にに要らない、レベルで判断してしまいます。> sf9**21さん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ