FC2ブログ

記事一覧

宇田川先生からの快い返信

日本銃砲史学会を来年3月をもって退会し、その後は自分の研究範囲を絞ると手紙を出した。
宇田川先生から丁寧な返信をいただき、やるだけはやったという満足感を抱いた。

例会、9月、12月、3月とあと3回あるがそれには出席し、HPに記事を書く予定だ。
ただ、発表はもうしない。

HPも毎日100人ちかい訪問者があり、問い合わせも多い、出来ればデザインを新しくして
pdfで簡単に投稿できる仕組みにしたい。
そして電子的な手段でコミニケーションする若手の会員が活躍してくれると良い。

これだけ早く、整理しておいてもいろいろ問題はあろう。

日本銃砲史学会では宇田川先生をはじめ、早稲田の中江名誉教授、峯田さん(この献身的な
態度には頭が下がる)、多くの人から多くのことを学んだ。

ただ時間は限られている、本当にやることを整理しないと、あぶはち取らずになってしまう。

自分のHPに書きたい記事もまだ沢山あるし。
研究は社交の場ではない。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ