FC2ブログ

記事一覧

働き方改革

長い間、ビジネスマンをしていたので、特に日米両方で、日本の
働き方改革という概念は良く理解できる。

日本のビジネスの強みはチームだ。
直接担当がいなくても、周りが大体状況を把握しているので、
交渉など不自由はない。

米国はあくまで個人とその上司だ。
担当が突然辞めることもある。だが仕事の効率は日本よりはるかに
良い。
おおざっぱだが早い。
日本は完璧なものを作成するに、100時間かかるとすると、
米国流は
8割くらいの完成度のものを100時間で5個くらいつくる。
勿論、最後の2割くらいに膨大な時間がかかるからだ。

チームは4-5人が普通で、リーダーが1人と、見習いが2人いる。
見習いはコピー取りくらいにしか使わない。これが駄目だ。
見習いにもどんどんアイデアを出させる。(宿題形式で)
時間を限って仕事する。親睦などどうでもよい。業務が進めば
親睦は深まる。飲みに行く必要はない。飲み屋がつぶれるだけだ。
のろまに水準があってみんなの効率が悪くなるので、のろまはババ抜き
だ。いじめて追い出す。

随分、株主総会でその点を質問したが、上に来ている奴らは本当に
真剣に仕事をしたことがなく、経験不足の中途半端であったと
感じた。ここが日本のビジネス、働き方の問題点のひとつだろう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ