FC2ブログ

記事一覧

後期高齢者の運転

昨年、運転免許証返納者が24万人にいたと大々的、マスコミの
勝利のような報道が続いた。

確かに重大事故、高年齢者が多い。
しかし、福島の山の中で車が運転できないと、これは暮らしていけない。
いろいろな人がさまざま考えてくれるだろう。
自動車製造会社も車が売れないと困るので、何らかの力を掛けるだろう。

田舎に行くとほとんどが白の軽トラックで荷台はシートで被う。
脱輪が怖いらしく、大体、爺ちゃんばあちゃんは道路の真ん中
よりに来るから警戒が必要だが、速度は時速は出してない。

信号は山をおりるまで30分間ない。
運転環境は明らかに違うのだ。
その地域だけの交通規則を作り、なるべく運転できるように
しないと、国力も衰える。


スポンサーサイト



コメント

No title

付ける気になれば10万円程度で付けられる先進安全機能を国内全車種に付ける事を法制化し高齢者はこの手の装置が付いている車以外乗れない免許の条件を新設するというのはどうでしょうか?
(自動ブレーキ、レーンキープアシスト、サイドエアバック、後退時自動ブレーキ、誤発進防止機能、レーン逸脱警報等々、、)
これらの装置は数十年前は日本がトップの技術を持っていましたが、いわゆる縦割り行政と事なかれ主義の官僚により禁止されかなり出遅れていますが、、、
安全装置装着車は事故の80%が防げるというデータが出ています。

No title

> sak*****さん
賛成です。まだまだ縦割り官僚主義を廃せばさまざまなアイデアがでるはずです。

No title

乗るのいい。ただし、死亡事故を起こしたら一般と同じ罪を負って欲しい。認知無罪では国民の同意は得られない。

No title

> dskfaさん
車を運転する、それだけの行為で免許のあるなしに
関わらず、科学的に認知と認定されたら、今の法律と逆だが死刑、くらいの感じでやってほしい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ