FC2ブログ

記事一覧

スマホにお金が入る・・日銀・河合 裕子さんの話

FinTecの今後に関して系統的に話を聞いたのは初めてだ。

日本は現金の国だから、信用イコール現金という社会が確立されて
いる。日銀がその筆頭だ。
しかし経済が国際的、また大規模、新しい金融商品が出てくると
ITの力を借りなければならない。

結論から言えばFinTecの定義は広義であり明確ではない。
中國のスマートフォン決済を例に出した。

恐らく日本もそのようになりつつあるが、ITはデータベースを
使う。クラウドなど安く導入できるサービスも一般的になった。
10年以内にこの国でも大きく変わるだろう。

ビットコインの話も出たが、私には理解し難いものだ。
発行者がいない、責任を取るものがいない、それは博打
より悪いではと考えているからだ。

FinTecは時代の流れだろうが、リスクはある。手は出したくない。
スポンサーサイト



コメント

No title

手元のスマホは便利な物ですが、アレを支払いに使うのは、抵抗があります。何故なら、データー漏洩等の不安が…。

>発行者がいない、責任を取るものがいない、それは博打
より悪いではと考えているからだ。

また、主様がビットコイン等の仮想通貨について、上記の問題を挙げられましたが、興味深い動きがあります。露のスプートニク日本が、17年10月23日に配信 原発付近にマイニング工場、クリプトルーブルと日本のビットコイン流通経験 仮想通貨がいかに私たちの生活を変えるか、ネットオンブズが語る リュドミラ サーキャン女史執筆(https://jp.sputniknews.com/opinion/201710234214129/

この記事によると、強大な保安機関を有する露は、プーチン大規模の決定により、クリプトルーブルと言う仮装通貨を整備予定(最新情報では、2019年以降らしいと)です。しかも、その拠点は、初めはモスクワの自動車工場跡で開始しますが、多量の電力を消費するマイニングの為、電力事情の良いトヴェリ州の原発近くに移動する可能性も…。

No title

此は、興味深い動きかと思います。
クリプトルーブルは、他の仮想通貨と異なり、露政府きも煎りで、セキュリティも高いでしょう。唯、世界の有産階級の方々に取って、自分の財布の中身を、彼等に関与させる事への抵抗感等の問題が...。

No title

> th3**3さん
その通りだと思います。世界の富裕層ほど、自分のことは知られたくない。データベースが基本の仮想通貨はリスクがあります。日本で詐欺が多いのは自宅に
現金を持っている人が多いので、それを狙う。しかし
被害者は決して高額所得者でないところが恐ろしい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ