FC2ブログ

記事一覧

腹立たしかった「岳 真也」作家の話

はじめて聞いた名の作家だった。

今日は明日の福沢先生の命日にちなみ「福沢 諭吉と西郷 隆盛」
と言うタイトルだったが、林 真理子に義理があるのかNHK大河
ドラマ(歴史考察はでたらめ、薩摩示現流は親指で銀の鍔を押し
鯉口をきるのか・・・たまたまちらっと見たシーンがあった)
鯉口は握りできるものだが。

恐らく明治十年の西南の役は西郷どんがアホだからあのような
反乱になり、薩摩藩に悪意のあった日本全体から叩かれたと
事実はぬぐえない。

福沢先生も西郷どんの評価はあまりしていない。
二人の共通と言えば、福沢先生の「脱亜論」と西郷どんの
「征韓論」くらいであろう。

朝鮮半島に手を出したり、仲良くは150年前からできないのだ。

私は今でも、安倍総理が平昌五輪に行くのは良くないと思う。
安倍総理は長州藩だが。

西南の役を制したのは会津藩などから警察官になった部隊だと
いう。
福沢先生の評価は恐らく、戊辰戦争はこれで終わったというくらい
のものではなかったか?
スポンサーサイト



コメント

No title

そう言えば、主殿の現職時代には、弟従道の係累の方が同僚にいらしたのでは・・・?

最後の士族反乱、西南戦争でやっかいな不平士族ごと、あの世に行ってくれた西郷ドン。
そのことだけは、福沢諭吉は感謝したのでは。

長州人も御一新後、神風連の乱など加担したが小官吏になったり、帰農したりで体制に順応したのに。薩摩は強情でした。

鯉口を指三本の間で、相手に気取られぬよう切るのは示現流ではなく、熊本の伯耆流で。
だいたい肥後のもっこすは、示現流の事は糞味噌にしかいわぬ。

No title

> yakozen888さん
確かに薩摩藩の子孫がいました。体は大きくバレーボールの選手だったそうですが、とても頑固でした。
私の退任後、会社は辞めたと聞いております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ