FC2ブログ

記事一覧

陸自攻撃ヘリ墜落にみる日本の世論

今日夕方佐賀県で整備点検中の攻撃ヘリAH64が墜落、民家も
炎上した。

現場からの中継を観ていた。
「怖いですね」「危ないですね。」と言うのがほとんど道行く近所の
住民の意見であった。

私なら「住宅の住民、乗員の安否が心配」と答える。
前にも書いたが恐らくそういう意見はカットされて世論操作されている。

昨日の沖縄の選挙、ずっとそのような世論調査の結果に人々が
あきあきした結果でないか。テレビは作業員の組織化だとわざわざ
述べていたが。

現在の国際情勢の緊迫感から、自衛隊、米軍の訓練時間は大幅に
増えていると考えられる。(これは前にも書いたが飛行時間にどうしても
事故は比例する)

もし乗員が亡くなっていれば哀悼の意を示す。
自衛隊は遊びで飛んでいるのではない。
国を守るために飛んでいるのだ。

こういうのが私が憲法改正国民投票は否決されると考える根拠
だ。世論操作はメディアの罪だということは歴史が示している。
(1930年代の朝日、東京日日などを読めば自ずから理解できる。)


スポンサーサイト



コメント

No title

失敗した者、特に公的組織は極悪党のように非難され。
第3者に被害を与えたなら、結果責任を立ち直れぬまで責められます。

今回の事故も処理の末には、誰かの首が飛ぶのであろう。
女児が軽傷でなく、最悪落命していたら防衛相の辞任まで行ったかもしれぬ。

例え国防と言う公益であろうと、リスクを背負う覚悟はもうこの社会にはない。
テレビ屋・新聞屋が「ここぞと叩け」とレッテルを張り、大衆は言うなりに喜々として石を投げるか。

こんな「擁護論」を聞きつければ、さかしらな者は早速上げ足を取りにくるであろう。
自分の上に落ちてきたら、同じことが言えるかと。
あるいは安倍シンパだと、罵倒するか。

たら、れば、どうする。責任はだれが取る、と自分のしっぽを咥えて回る犬である。

No title

残念ですが、この手の事故では、昭和46年の全日空機雫石衝突事故と同じ様な流れが待っているでしょう…。

因みにあの事故では、当該機のパイロットと教官。更に空自が、極悪犯罪者扱いされました。そして、その刑事裁判費用ですら、被告人個人が負担しました。当然、個人では無理で、OB組織「つばさ会」等の支援で…。

その上、真相究明が不十分な時点にも拘わらず、防衛庁長官(当時)と航空幕僚長が辞任し(事実上、させられ)…。

リスクコントロールやリスクヘッジは必要ですが、羹に懲りてあえ物を吹くだけでなく、ある種の意図なり、何なりの非難。

是では、最早、処置は…。

No title

> yakozen888さん
住宅の住民が軽傷で済んだ。自衛隊員はどうでもいいのかという背景を良く考える、もはや日本人は飽食と
堕落と五輪に浮かれ、国家、国民の概念はない。

No title

> th3**3さん
誰か有能な高位の責任者が辞任くらいで済めば。
と言っているうちに突然、有事になるかもしれないと
いうところが過去の雫石と違うと感じます。

No title

残念ながら乗員の方お一人が殉職されました、追悼の念ともういさげます、がお聞きします、が・・・もし、あなたのお宅にアパッチが墜落していても同じようにおっしゃるでしょうか?軍民問わず航空機事故は甚大な被害を及ぼしますからね。失礼ながら自衛隊が非難されるのは当然でしょう、しかしげ佐内事故ですね、よもや某隣国の協力者の仕業ではないでしょうか?まあ、今頃サヨクは高笑いしている出職ね。

No title

> Mスタンドアローンさん
我が家の上空もヘリだらけ、ヘリのロターが飛んでしまう。技術者じゃない私が言うのもなんだがボールベアリングですね。携帯ロケット砲で撃たれたなら目撃者も出るでしょうが。パイロットは脱出装置で打ち出されたのでしょうが、高度が足らなかった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ