FC2ブログ

記事一覧

腹立たしい2月、河野外相叩き

川島 真先生の話では河野外相の先訪中では、
議論は噛みわなかったが、珍しく中国側も
積極的だったようだ。
王外相の手配で首相との会談が入り、予定の日本航空会社の
便には間に合わず、中国の航空機で帰国したそうだ。
(外相には小型でも専用機は必要だ)

だがその後、日本政界では彼への風当たりは強いようだ。
祖父、親父が馬鹿で私も太郎は駄目だと考えていたが、
どうもその後の行動をみるとなかなかの実績がある。

すでに自民党総裁選挙、出場の話も出ているが与党、政界の
話はあてにしてはいけない。足を引っ張っているだけだ。

私は評価してなかったが、前の岸田外相も韓国と慰安婦問題
について決定的な協定を結んだ。
我が父親が良く言っていたが、朝鮮人の約束は約束でない、と
いう言葉、何年たっても国民性だから同じだが、
この点は安倍総理も河野外相も百も承知だと思うので頑張って
欲しい。
五輪の開会式や北朝鮮の要人と言われる人間、何よりも
ムン大統領に騙されてはいけない。
スポンサーサイト



コメント

No title

シリア空爆に越境したイスラエル機が、地対空ミサイルで撃墜されました。

シリア領内には、イランの空軍基地があり。
事実上、イスラエルとイランの前哨戦争が始まっておる。

世界はみたびのグレート・ウォーに向けて、動き出すのではないか。
そんな予感すらするのに。

極東の小国どもは、自分のしっぽを咥えて、同じところを回っており。

No title

イラン国営のPars Todayが本日配信。

ニュース解説;イスラム革命、覇権主義の排斥、抵抗戦線と聖地ベイトルモガッダスへの支持(http://parstoday.com/ja/news/iran-i39803)ハーシェミー解説員が、以下の様に述べています。

ISISの陰謀は、イランのイスラム体制に寄って粉砕されたが、地域における扇動の根源と諸悪の中心、すなわちシオニスト政権イスラエルというがん細胞は今なお残存しています。この基本的なポイントに注目し、最高指導者のハーメネイー師は、次のように語っています。

「パレスチナの領土がパレスチナ人に返還される日、覇権主義者(米&イスラエル)には本当の意味でのとどめが刺されることになる。我々は、その日のために努力している」と。

彼らは本気で、気合が入っています…。

この状況下で、極東の国々はコップの中の争いをしていると言われても仕方がないのですが、この問題は生半可なモノでは…。

下手をすれば、石油の問題や今以上の恐ろしい怒涛のテロの嵐が…ですから。

No title

イスラエル空軍のF-16は、高高度から超音速で攻撃侵入し、一撃離脱を狙ったのに対し。

シリア防空軍は、15~20発のSA-5・SA-17ミサイルを乱打して弾幕を張り、これを撃墜しました。

第4世代の有人攻撃機を敵地に差し向けるのは、もはや危険が大きすぎます。
SA-5は、北朝鮮も保有している。陳腐化しているというが、意外な対抗力を実証しました。

まこと、敵は舐めてかかるなかれです。
北など、日米だけで一ひねりだと思っているなら、痛い目にあいますよ。

No title

先に延べたのは、政治面ですが、件の本日付Pars Todayには、この件に関する記事と動画、写真があります。

シリア軍が、シオニスト政権軍の戦闘機を撃墜(http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i39825
是によると、イスラエル側は9日金曜夜にシリア北部のゴラン高原に対し、シリア側から5発のミサイルが発射されたと主張し、これに対する報復として、IDFがシリア領内への攻撃に着手したと.

そして、このF16型戦闘機がイスラエル領内で撃墜されたと言う。

シリアや北朝鮮は、過去の教訓と旧ソ連、露仕込みの防空戦力を有していますから、甘く見ると火傷するでしょう。また、前にも延べましたが、北朝鮮の場合、SA-5以外にも、強力な防空ミサイルシステムを有しています。

No title

以下はその詳細です。
https://www.youtube.com/watch?v=8ZQ-kh85oF0
是はdprknow様が16/06/02 にようつべ上に配信。
16年6月1日、「朝鮮中央TV」で放送された「朝鮮記録映画」=「革命の最全盛期を開かれて(혁명의 최전성기를 펼쳐주시여)」より、軍事部門(ミサイル系)日本語字幕付き。その中から、最­近のミサイル系兵器を紹介する部分。その27秒~37秒辺りにある露のS-300と中国のFT-2000を元に開発された、射程150キロ、フェーズドアレイレーダーを装備し、車両搭載型のKN-06です。

是は古い旧ソ連系のSAMより、性能的に、遙かに優れており、限定攻撃時の強敵です。

彼等が生半可ではないことは確かで、腹を据えないと…。

No title

> yakozen888さん
今年は世界第三次大戦の始まりです。

No title

> th3**3さん
中東ではイスラムの国々の争いはイスラエルの陰謀と
言われてます。アメリカのユダヤ人投資家には事前の混乱と伝え、儲けさせる。持ちつ持たれつの関係。
こうなると状況はだんだん過去の大戦の様になってきました。まだ先の大戦の細かい矛盾が解決されて
ないのに。小型核の開発などは当然、数年後を見越してます。

No title

> yakozen888さん
北の防空能力は果たして正確に把握されているか?
これは誰にも分りませんが。少なくともF-16以上の
能力の航空機が攻撃することは確か。

No title

>古い旧ソ連系のSAM
現地からは、さらに旧式のSA-3の残骸の画像が報道されています。

これは半世紀前の防空ミサイルだが、1999年のコソボ紛争ではステルス攻撃機F-117を撃墜したことで知られている。

安く手に入る2線級兵器でも、近代化改修を施せば数百倍の値段のする最新鋭戦闘機も、撃墜されてしまいます。

第3世界の防空体制であれ、まこと侮るなかれ、ですよ。
いや、中東情勢としては無敵を誇ったイスラエルの軍事力の一角が、崩れたことの心理的意味は大きい。

四周を敵に囲まれたユダヤ国家、過剰な反応をするとこちらも本当に大戦になるやも知れませぬ。

No title

自分が生まれなくて良かったところの一つがイスラエルだ。毎日緊張の連続で、さらにパレスチナ地域に進出し、ユダヤ人が一人殺されたら、1000人に報復を与えると、ナチスの10倍の残虐な国家。生末は観ることはないが、想像はできよう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ