FC2ブログ

記事一覧

台湾は地位未定である歴史

川島 真先生の話、カイロ宣言では日本降伏後中國に帰属すると
なっていたが、サンフランシスコ条約で中國に含まれていなかった。
だから中共が主帳しても、条約は宣言より強いから台湾の帰属は
必ずしも大陸ではない。
沖縄も同じだ。

花連の地震、台湾が日本に救援を求め、中共を断ったに中共は怒って
いるそうだが、台湾の蔡総統はどこ吹く風だそうだ。

沖縄の地位はマッカサーが断らなかったら国民政府のものになっていた。
日本全国の調査では沖縄県が中国を一番嫌っているそうだが。

韓国は戦勝国だから日本に賠償を求めようとしてが果たせなかった。

戦後処理は私が考えていたより複雑で、米国の常識が通らなかったら、
北海道半分はソ連、沖縄は台湾に帰属していた。
米国も戦前よりかなり非常識だったが、アジアの常識よりは良かった
のかも知れない。(大きな間違いはチャーチルに言いくるめられスターリン
と話たことだ。)
スポンサーサイト



コメント

No title

この件に関してはアメリカの責任もあると思います、なぜならば同盟国でありながら台湾に基地を置かなかったkらです、もし60年代に基地を置いていらば沖縄の負担はだいぶ軽くなったはずですし、中共にたいする牽制も効果が上がったいたはずです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ