FC2ブログ

記事一覧

何度も言う「米国の乱射」は終わらない

先日、米国から来た友人に聞いた話では、米国の銃規制は
譲渡のための輸送に力が入っているらしい。
これは収集家には痛い。

しかし、銃砲店に行けば、ほとんどの人は何らかの銃砲を購入
出来る。クリントン、オバマ政権16年間でも個人が銃砲を所持する
ことにはまったく手が付けられなかった。

米国史では開拓、独立戦争時の銃所有の国民への「義務」が
今は「権利」に変化しただけだ。
ちなみに日本は運転も銃砲所持は「権利」でもなく「許可」だ。

米国ではすでに数えきれないほどの銃砲が社会に累積的に
存在し、弾薬の購入も何ら規制はない。(州によりカリフォルニア
などは厳しい、特に自動銃には)

フロリダ乱射事件、犯人による自取り写真に、拳銃を片手にもっている
ものがあったが、指が用心鉄に入っている。

あとは犯罪防止関係機関の垣根をとり、地方から政府機関まで
どんな小さな傾向も見逃さずというくらいしか手はない。
スポンサーサイト



コメント

No title

沖縄の基地問題と同じ
銃職人と基地で働く者がいる限り。

No title

銃撃犯が「自撮り」したピストルには、銃口に赤いキャップが。
モデルガンでしょう。

おもちゃでポーズを決め、学校銃撃者になるなどとコメントしていたが。
この程度の悪ふざけで、止めておけばよいものを。

またM-4カービン銃が使われた。
これが初めてではないし、また起こるのであろうが。

No title

> 897969さん
まったく違う概念だね。

No title

> yakozen888さん
自動銃は半自動にしなければ販売できませんが、また
自動に戻す部品を販売している以上、実質自動銃を販売しているのと同じでしょう。半自動でもこのような使い易い銃は相当怖いが。

No title

ホームディフェンス用なら12ゲージの散弾銃か、6連発のリボルバーで十分なはず。
M-4銃の.223弾は壁も天井も貫通して、子供部屋、隣家のものまで殺傷してしまいます。

自らの住宅を盾に、賊と住人がアサルトライフルで撃ち合うという想定をするなら。
それはもはや「内戦」。

No title

> yakozen888さん
そんなことは当たり前が通ってます。地元のミリシア団体に入会し訓練を受ければ毎週、射撃練習はできるし。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ