FC2ブログ

記事一覧

自分で料理したものはまずい

僕は東京にいると毎日昼は出かけて、行きつけの店を回り
昼食を食べる。
昼はかなり贅沢で、ワンコインどころか4-5個使う。
もう何食も食べれないではないか。まずいもの、コンビニ、
ファストフードはほとんど利用しない。
コンビニのものばかり食べていると死んでも腐敗が進まない
くらい防腐剤が入っているというし。
天ぷら屋、トンカツ屋、鮨や、それにクラブ食堂などだ。

外国暮らしの場合も土日も休みでないレストランがあったが、
出来るだけ自分の創作料理を食べた。

ところで、赴任するときに河童橋まで買いに行った行平鍋が
最近、粗末なものに変わっていた。僕が買ったものが家に
ここには家で使っていた、すでに凸凹のないものがという
具合だ。


田舎は肉類、パンはおいしくないので、なるべく東京からもって
行くが、野菜は豊富にある。特にこの地方はお揚げに種類が
あり、東京では見ないものだ。

ヤマミチは東南アジアに長くいたので、料理は辛くてエスニックな
味、旨い。猪苗代の友人Tのもおいしい。

包丁は研ぎが自慢でプロ用の砥石で研ぐので恐ろしく切れる。
右は数種類の野菜のシチューかカレーにするものでバター、ワイン
がいっぱい。左はここはコンニャクがおいしいのでそれをたっぷり
使った脂身の牛丼。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ