FC2ブログ

記事一覧

渓流を歩きマル経を考える

関東平野は軒並み30度を超えたと聴いた。
冷房の壊れている車で渓流の横を走っていくが、汗はでない。
緑と水の所為だろう。

この頃我ながら渓流釣りが下手になったというか、ここにいる
と言うのは経験で分かるが、もたもたして糸が外れたり、失敗
続きだ。

しかしこの夏に客が来て、塩焼きにしたり燻製にするだけの数は
釣った。

2時に出たが、時計とスマホは壊すと嫌なので車に置いたままに
した。
なんと、5時になっていた。

もう原子力災害関連の作業員は見ず、山林を間伐していた
トラックに下の方で出会った。

一体この辺りの原子力災害と言うのは何であったのか。
今度は南海トラフ地震、津波を煽っているが、予知が
出来ないから支度だけしておけは無責任だ..

この国の弱点は災害だと言うが北朝鮮や中国を忘れてないか。
左翼も経済を語り、時代の変化を見るべき時代になった。
わずか半世紀前まではマルクス主義が経済の主流であったが。
●経は死語となった。
スポンサーサイト



コメント

No title

フジTV系列で放送した、1972年あさま山荘事件の番組を見た。

事件を引き起こした連合赤軍のメンバーで、懲役13年の刑期を終えて生きて出てきた、加藤倫教がインタビューに答えていたが。

機動隊員がすぐ近くのバリケードの向こうから頭を出した、撃てと言わんばかりなのは、なぜなんだと思ったと。
けん銃を使うな、素手で制圧・犯人確保しろと厳命されていたからに、決まっておろう。

政府のベトナム戦争協力が許せない、社会主義国家にしたかったからやった等と。
テロリストというのは、13年刑務所にぶち込んでも性根は治らぬ。
もう13年ぶち込めばよい。

No title

この連合赤軍のメンバーがご活躍していた、同じ頃、ゲイル リバース(仮名)氏は、NZ SAS隊員でベトナム戦争に参戦。その後、英本国のSAS隊員に転属し、除隊。しかし、航空輸送会社経営と特殊用途用武器販売に従事しつつ、カウンターテロリズムに参戦しています。

高名な作家の落合 信彦氏は、同氏を取材。手元にある著書、挑戦者たち(集英社 86年第一刷発行)傭兵列伝の中で、同氏は言う、テロリストは、民主主義や自由を徹底的に利用しながら、社会を根本から破壊しようとする。システムに対する挑戦であり、単なる犯罪ではなく、戦争だと。ですから、SWATチームを送り込んで、逮捕すれば良い甘っちょろい物ではない。戦争で対抗するしかないと…。

是を実行しているのは、英国やイスラエル、9.11後の米などですが、今の日本は…。尤も、大量殺戮テロを行った、極悪人のブレイビクの投降を現場で認めた上、禁錮21年と言う生ぬるい判決。その上、ホテル顔負けの拘置施設で服役と言うノルウェーよりはマシかも知れませんが。

No title

> th3**3さん
テロは日本ではほとんど脅威と考えられておりませんが、おっしゃるよう、その魔手はこの緩い国にいつ起きても不思議でありません。その背景は北、中国と推測してとで良いでしょう。

No title

> yakozen888さん
たしか3名の死者を出したと、成田闘争もも同じ、
日本の社会のテロに対する甘さは、許しがたい。
地下鉄サリンの死刑囚も今年中に全員死刑に処すべき。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ