FC2ブログ

記事一覧

日本の高度成長期のアジア

僕は経済学を学び、1960年代の半ばに社会人となった。
勉強、研究した内容は現在では金融を始めほとんど役にたない。
ただし、〇経ではなく、資本主義は良い、ソ連は崩壊するという
説を唱えていた先生のゼミだったので、25年後にソ連が実際に
共産主義を捨てても驚かなかった。

日本が高度成長していた中ソ、中印は争っており、やがてベトナム
戦争が始まる。カンボジアのポルポトも。
川島先生の講義だ。
第二次大戦後、連合国は自分の植民地を日本から解放するプロセス
でインドネシアなどオランダは手放したくなかった。
1954年のコロンボ会議、1955年のバンドン会議で一から出発する
欧米の植民地各国だった独立した国々は国造り、成長、安定を
話合う。しかし実際には日本を除き多くの国々は大変な混乱になった
のは各国の歴史をみれば明解だ。
先生はネール、ホーチミン、周 恩来等の名前を挙げたが、
確かに日本が戦争していた間に各国にはユニークだが公平な
指導者もいた。

その話のなかで旧宗主国は植民地から優秀なるものを移民として
受けた。例えばワールドカップを見ていても欧州の国々のナショナル
チームにはコケイジャンでない選手が多い。

日本は旧植民地から移民と受けてないと言われたので、私は異論を
唱えた。戦後、海外の日本人は引上げ者、復員と戻ったが、
日本では混乱期の利を得た朝鮮半島、中国、台湾から残った
人々が合計100万人いたではないか。
なぜか帰化しない人々も多いが、帰化した人も多い。
(ソフトバンクの孫氏からは直接話を聞いたが、彼ですら帰化した
のはそう古い話でない)

吉田首相が日本人は連合国の協力で帰国できたが、日本に残った
日本国籍でない人々をどうするか、とマッカーサーに尋ねたら、
彼が「ザ・サードネションズ・ピープル」つまり第三国人と命名したが
具体策は彼にはなかったそうだ。

先生のお話では第三l国人は配給が良く、中華屋が出来たというが
そのほかにも国有地などを占拠しお菓子工場をつくったり、パチンコ屋
焼肉屋もあったと大いなる矛盾、マッカーサーも吉田 茂も解決
できなかったことも沢山あったようだ。
スポンサーサイト



コメント

No title

わたしはかねてから日本人は海外に出ることを敬遠したがる悪しき傾向があると思っております、かって徳川が、その前には朝廷が自校区民を国内に縛り付けようとしていたことが原因だと思います。とくに商人は諸外国と比べても内向きの傾向が強い。

No title

> Mスタンドアローンさん
私は人生の出張、駐在で15-6年間海外におりました。
見渡すに日本人は何事にも公平にみて他国民より能力があります。一番の欠点は自分の考えを他の言葉でうまく表現できないのです。妥協してしまいます。変な団体意識があり、個人より集団です。
それは日本国内にいたほうが安全安心、みんな新設、楽です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ