FC2ブログ

記事一覧

ブロック塀の危険

およそ世界中でブロック塀なのものが存在するのは、先進国には
日本以外にはなかったと思う。
インドネシア、タイ、台湾では見た記憶があるが。

米国にいたとき、週末用の小さな家を買った。川のそばで釣りが楽しめる
からだ。
地下室が全体にあり、それが木目が残る厚いコンクリートの枠で高さは
2m50cmくらいか。そこにワークベンチと工具掛け、そして暖房、水道ポンプ、湯沸かし、洗濯機、乾燥機などが設置してあった。
冬はこの室内で。22口径で10mもないが練習する。

コーチのマルソンがこの壁はコンクリートだから跳ね返るからバックストップをきちんとするようにと砂袋を幾つかくれた。

彼らはブロックで塀や土台をつくるなどと言うことは考えてもない。
まずは塀そのものがないことが多い。
郊外では樹木を植えたり、木製の180cmの既製品を使う。

ブロックは厚みがあるので、頑丈そうに見えるが、中に入れる鉄筋
が規定どおり通ってないと、今度の高槻市の小学校のような悲劇が
起こる。
いっそブロック塀なるものは建築基準法で禁止したらどうか。
当家も北と東、隣家との間はブロック塀だ。風遠しは悪い。
外に鉄枠を造り、家と固定し、鉄製格子戸として、鉄枠から逆L字型に伸ばした鉄板で抑えてある。勿論、横支えもあるが、それでも40年間くらい
たっているので、完璧ではない。道に面したところはビニール製の塀
だが、このほうが風通しは良く倒れても死ぬようなことはない。
スポンサーサイト



コメント

No title

学生時代に行った成城の街には、ちょっと驚いた。生垣がずうっと続く通りには品格があり、心地良かったからだ。志のある住人が団結すれば、街は変わるのだろう。女の子の死を無駄にしないためにも、利便性や経済性ばかりを優先せず、安全快適な街作りについて、今一度考え直しててみたい。

No title

> toudou455さん
まったくその通りだと思います。住民特に土地だけを
貸す人たち、その地に管理の悪い共同住宅を建てる、
これが建築違反、消防法違反、モラルの低下、犯罪の増加、私の近所でも見られます。

No title

そもそもの元凶は子供の水着を見て喜ぶようなロクでもないニンゲンがこの国にいることでしょう、このような現象は80年代位に入るまではなかった。

No title

どんな処置をしても盗撮や覗きは防げません。

No title

高齢者が亡くなった大谷石?の塀のが危険だと思います。
ありゃ積んであるだけw
誰も言わないのが不思議を通り越して呆れます。
命に大小は無い!!

No title

> gdgkjdkさん
その観点で見れば、危ないところばかり。地震の揺れで車が歩道になんてことにはならないのか?でも運だけでは済まない話。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ