FC2ブログ

記事一覧

欧州は小国でもっている クロアチアの例

今朝はイングランド対クロアチアを見ていた。
先制したイングランドが逃げ切るかと思われたが、クロアチアはしぶとく
粘った。

僕がこの国の存在を知ったのはクロアチアは枢軸国でドイツ、イタリアの
元第二次大戦を戦って、その後ユーゴスラビアに統合され大変な苦労を
したという事実からだった。

欧州の小国は英国以外は地続きに近いから歴史的は16世紀から、
三十年戦争、オスマントルコ、オーストリーハンガリー帝国、などに
併合されては分かれ、1991年にソ連崩壊とともに独立したが、
バルカン半島の混乱に巻き込まれ、セルビアとの対立で大変な目にあった。
日本国などは想像も出来ない厳しい歴史だった。

人口は東京都の三分の一、GDPは山口県並みと言う小国だが、
サッカー以外にもバスケ、テニスでは知られている。

今回のワールドカップでは欧州勢が残ったが、小国、ベルギー、
デンマーク、スエーデンなど考えれない強さを見せた。
確か日本も何かの第一次リーグ1980年代に戦ったことがあるが、
このことは解説者も何も述べなかった。

EUはこれらの国々が構成し、NATO軍が安全保障を維持している。
(スエーデン、スイスは独自)
だから、欧州に対して大国意識を出すのは禁物。まとまれば強い。

ロシア、中国そして米国は均衡を保つなら、小国をまとめたEU,
NATOを軽視しては世界をまた混乱に貶める。
スポンサーサイト



コメント

No title

かって「鉄のカーテン」が敷かれていた、東欧のラインは軒並みのNATO加盟で「前線」を東側に進めつつあり。
エストニア、ラトビア、リトアニアの3小国からなるバルト3国の加盟で、また西側は一歩ロシア圏に地歩を築いたが。

ロシア帝国の「逆襲」が2014年のクリミア半島併合と、ウクライナ東部の分離化でした。

アフガニスタンでの対テロ作戦に注力してきたNATOは、ウクライナ危機を転機に、EUの集団安保という本来の任務へ軸足を戻している。
きわめて不安定、デリケートな情勢なのです。

あふれそうな水面をかき混ぜる、あるいは乾いた干し草の前でマッチを擦るのは、トランプ米大統領。
プーチン大統領が、オオカミのような眼をすっと細めているのに。

No title

> yakozen888さん
EUvsロシアはこれからどうなるか?ロシアはワールドカップで面目躍如、プーチンさんの目は本当にシベリアンハスキー、オオカミ属そのもので、素早く、油断できません。人を殺すのは何とも思わない
気質。経済がネックですが。

No title

このアメリカ大統領の「外交手腕」と称するものはいかほどか、北朝鮮との交渉で証明済みです。

米スレート紙は、米露首脳会談でトランプ大統領がプーチン大統領に宥和的な姿勢を示したことを捉え、政権の全安全保障関係者達に辞任を促すコラムを掲載しました。

こんな親分はもう駄目だ、突き放せと。

No title

確かにトランプ閣下には、政治家としての資質など、様々な問題があります。

しかし、其処を付く、露の手練手管と権謀術数も恐ろしい。

その一端として、米、ロシア女性工作員を逮捕 内政干渉企て疑い(http://www.afpbb.com/articles/-/3182641)が、明らかになりました。

この事例は、29歳の女性容疑者が、自国の銃所持者の権利拡大を目的にした団体を設立。そして、其処を足掛かりとして、強力な圧力団体で、米国共和党の保守派に強い影響力を持つ、全米ライフル協会に潜入し、浸透していく。

そして、米政治家らとの関係構築を通じ、露が「米国の政策決定機構に入り込む」ために使用できる「裏チャンネル」の連絡経路を確保しようとしていたという。

また、逮捕関係書類には、氏名は記載されていないものの、この容疑者は、露政府高官(報道ではアレクサンドル・トルシン氏の名前が取り沙汰されています)と緊密な関係を持っていたともいう。

着想点こそ奇想奇抜だが、ある意味、恐るべき慧眼と言うべきです。その上、旧ソ連時代の工作方法よりも、柔軟性があり…。

No title

> th3**3さん
この件は知りませんでした。露国にこういう意図がある。日本の露国大使館を上から眺めるとほとんど動きはありません。ビザを求める日本人がワールドカップ前に来ていた程度。何を考えているのか、不気味です。日本に対してはどのような工作をしているのでしょうか?

No title

> yakozen888さん
さすがにトランプさんの出鱈目には米国人もへきへきしていると思いますが。意に介さないところが凄い。
いったい彼の末路はどうなるか?

No title

小国をまとめたEUの構成国は、中共の一帯一路の格好の標的です。中共は、ユーラシア大陸では、パックスモゴリアの再来を目論んでいると感じます。黙して座したままでいれば、中国のプレゼンスが優位となり、これらの小国は中共の草刈り場になり、EUは切り崩されるかもしれません。国連では一国いっびうですから、困った嫌な時代になるかもしれませんね。

No title

> toudou455さん
同感です。中国はアフリカ、アジア諸国には金で釣る作戦、成功してます。全部合わせたら大変な票数で国連を始め、IOCやFiFAも傘下に入ります。中国人の五輪委員長もでるでしょう。

No title

彼等の喉と舌。プロパガンダメディアでもあるスプートニク日本のサイトを見ていると、所謂、北方領土問題の有耶無耶化とイージスアショア等、安保関連に神経を尖らせています。しかし、その反面、両国間の文化交流や露国内での経済関係促進化他についても、述べています。

即ち、甘言で、西側の対露包囲網の弱い輪、日本の切り崩しを行い、その突破網としたい。そして、欧米列強諸国による制裁で痛め付けられた経済力の復興に役立てたいのでは?

彼らは歴史的に、2方面作戦を極度に嫌うし、大体、其れを遂行する国力もないです。その上、極東に於いて、中国は重要なパートナーですが、腹の底から、信用できる相手ではないですから。

No title

> th3**3さん
中国より日本は御しやすい相手であることに間違いは
ないでしょう。日本人は喉元すぎればの感が強いですが、・・ロシアは歴史的な変遷を覚えているでしょう。ただ、幕末より、日露戦争、日本ほど人道的に相手して国はないはずです。

No title

豪雨災害で隠れてしまった国際ニュースは、日本とEUの間で締結された「戦略的パートナーシップ協定(SPA)」である。

これは経済協力にとどまらない、広い政治的な連携で。
欧米メディアは「日欧巨大貿易圏の誕生にショックを受け」たと評した。
特にブレグジットで「蚊帳の外」になろうとしている英国。

トランプ流の保護主義に対抗して、日本が放った「2ベースヒット」。
実効性のある点を稼げるかどうかは、まだわからない。

No title

> yakozen888さん
日本では欧州の社会

No title

> japaneseweaponsさん
政治、経済などはほどんど深く報道されておりません。だが、欧州は日本にとり遠くて近い国々であることに間違いありません。今回の協定が大きな効果を発揮する、単にチーズやワインだけでなく、政治的にも、日本にとっては対ロシア、対中国への抑止になることを期待します。欧州は大人、大人同士の
付き合いは必要です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ