FC2ブログ

記事一覧

逆向きに走る台風

今朝、山を下りて来た。
滞在中は一t滴も降らず、山の地肌は乾燥していたが,
目覚め前に大雨の音、出るときもかなりの降りだった。
しかし30分も走ると雨は上がっていた。
途中、野菜を沢山仕入れた。

道は空いており、雨はほとんど止んでいた。
東京に着いたら、また降りは激しくなった。

台風は、地球の自転のせいで、反時計回りに回っており、北に進むに
連れて偏西風もあるのだろう、西から東に移動する。
この12号は逆だ。
勿論回転はしているはずだが、偏西風に逆らい、東から西に向かう。
地上に上がれば、恐らく予報より速度は遅くなって、被害が甚大に
なることは容易に想像できる。

話は変わるが、偏西風と言うのは恐ろしく、冬に強い。
B-29は目標の何十kmも手前で爆弾を投下しなければ、命中しなかった
と言う。富士山を目印にサイパンから飛んできて、偏心するやいなや、
武蔵野の航空機発動機工場への爆撃を開始したそうである。
勿論、1万m上空からでは
正確に命中するわけはない。それで低空の夜間、焼夷弾攻撃に
変更したと言うが。

自然の常識が変わりつつある。





スポンサーサイト



コメント

No title

昨年は、北部九州豪雨、10月の台風発生、今年は、西日本豪雨に逆走台風、全国的な亜熱帯化。急激な気候変化が続いています。治水ばかりでなく防衛も含めた危機管理体制や事業の見直しが必要はないでしょうか。

No title

> toudou455さん
防災に関してはわが国は全面的に見直し、自然の変化を真剣に科学的に研究すべきです。地震が大きな課題ですが、今回の台風は恐らく明日、息を吹き返し、
もうひと暴れしそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ