FC2ブログ

記事一覧

[十手の文化」論と捕り物

捕り物装具は日本独特のもので、世界各地の博物館を走破した
私も同類のものは見ていない。

友人の谷口 柳造氏がこの種のものとしては初めての本を著し
今では珍しい、図書館協会の優良本に指定されたそうだ。

十手、捕り物文化は室町期に発したと負う。
江戸期に日本独特のものに進化したものと思われる。

特に十手は武器兵器の分類では「打ちもの」と言われ、相手の急所を
打ち攻撃力を弱らせる、科学的な考え方に基づいているもので、身分
や用途で様々な形、大きさがある。
自分でも所持していたが、先の重さ、バランス、鉤の造り、形状、
全て良く考えられていた。

谷口氏の本には「万力鎖」「捕縛」「手錠」「鍵」など彼の収集が多岐に
渡っていることを示しているが、多くは明治から現在も使われている
日本の捕縛の文化である。

定義すれば日本では「捕縛」とは生きたまま捕まえるという伝統で
世界の国々のなかでも珍しい概念であると言って良い。

米国はその反対で、自分や周りの安全を守るためには面倒だから
射殺するが一般的な論理だ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ