FC2ブログ

記事一覧

先に大戦に敗れ日本が失ったもの

日本が歩んできた、数千年の歴史、特に近代から現代に掛けての
事実と認識だ。
国民の基幹を担う年代の19世紀―20世紀の日本かくあったという
知識が他国、例えば、欧州や米国など諸国民が自国に対する
ものと大違いに貧弱だ。
かって、塩野 七生さんの講話を聴いたことがある。
欧州では歴史は小学生から高校まで必須の課目でありラテンの時代
から各国に分かれた経過から近代、現代まで詳細に教育するそうだ。

日本の歴史否定はGHQに始まったものだろうが、その後左翼、特に
日教組が意図的に、日本近代史、現代史を否定した。

更に歴史的知識、認識のない国民にNHKが「ショウガドラマ」などで
間違った歴史情報を垂れ流した。国民の金で。
顔をドアップ、怒鳴り声、大げさな動作、派手な衣装を主とした演出で
時代背景や考証を無視した時代劇なるものを、毎週、長年にわたり
継続し、国民の史観をむちゃくちゃにした。

また、朝日新聞などは、慰安婦問題にあるようにねつ造記事を報道し
隣国のいちゃもんを日本国民に納得させる間違いを犯した。

知識のない人間はものごとを主観的に捉え、何が起こりつつあるかを
客観的に自分で判断することができない。

NHKに要求する。
「サイゴどん」の視聴率は低迷しているそうだが、西郷 隆盛をテーマに
しているなら、彼の人生では避けては通れない、「征韓論」の背景を
少なくとも4週は続け、さらに「西南戦争」を4週続け、サイゴーとして
欲しい。
スポンサーサイト



コメント

No title

8月15日ですな。
学徒出陣で海軍航空隊員となり、戦死した林尹夫(ただお)さん(享年23)のことば

「愚劣なりし日本よ 優柔不断なる日本よ 汝(なんじ)いかに愚かなりとも 我らこの国の人たる以上 その防衛に奮起せざるをえず
オプティミズム(楽観主義)をやめよ 眼を開け 日本の人々よ 日本は必ず負ける
そして我ら日本人は なんとしてもこの国に 新たなる生命を吹き込み 新たなる再建の道を 切りひらかなければならぬ。」
(遺稿集「わがいのち月明(げつめい)に燃ゆ」より)

No title

> yakozen888さん
この遺書は私の心にもずっしりと残っております。

No title

今日は8月15日
あの闘いで失ったものは確かに多いです。莫大な人命と資産、在外領土や影響下の領域、そして、国民の気概への影響等も...。

しかし、それでも、皇室を失いませんでしたし、サンフランシスコ講和条約締結と日米安保条約改定後は、最早、改憲は我等の選択次第となりました。また、北方領土問題は解決していませんが、小笠原と沖縄は、外交交渉で返還されましたから。

だったら、過去の教訓を振り返りつつ、今後に生かせれば良いでしょう。戦後、逆風の中の再軍備以降、防衛庁(当時)、自衛隊は、永らくの間、限られたリソースを、陸が内陸持久、海は対潜、対機雷戦、空は防空戦の確立に投じた様に...。

これ等は、先大戦時、特に後半期から、末期の血と汗と涙の戦訓から来ていますから。

唯、単に、申し訳ございませんでしたと、周辺諸国に頭が上がらなくなる事ばかりを、先人たちも、求めていないでしょうから。

No title

> th3**3さん
近隣諸国は日本が謝るから謝れと言う。不条理が長く続きました。どうやらそれも脱却。
チャイカさまのいう「国民の気概」と言うのが大切です。その第一歩は日本は日本、君が代、日の丸だと感じます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ