FC2ブログ

記事一覧

日本人はおのれを取り戻したか?

私の尊敬する山本 七平氏著「日本人とは何か」1989年祥伝社刊を読み返した。

「日本人は相当に面白い文化を持っている」に始まり、
ALTウィルス(DNAからか?)、言語分析(系統未詳であること)
ひらがな文明、共同体、江戸期の生産性、宦官抜きの律令制、
政治より文化、文明、それと120代にもわたる天皇制など
独特の社会学者としての視点で語っている内容だ。

「我々の食材は縄文時代とあまり変わらない」と言うことから
日本の神話から近代の行動原理を分析している。
つまり日本人は日本人であること、の原則だ。

日本は敗戦により、GHQ,そして左翼(労組から核マルとそれを是認
したメディア)また外国人(在日、在外)の3つの呪縛から逃れたか
どうかが私の関心事だ。

日本の明治の近代化は江戸期のさまざまな蓄積から生まれた。
戦後の復興は戦前、戦中の努力から生まれた。
この事実は変わらないであろう。

だが、世界は日本だけで生きて行くわけにはいかない。
貿易、海外投資、金融、外交すべて国際的な視野と知識が
必要だ。

来年は年号が変わる。
歴史ない天皇ご自身の発案からだ。
果たして、戦後、日本人は自分を取り戻し、自分らしく、難関の
多い国際社会を生き延びることができるか。
日本人の真骨頂が問われる。
今日に思う。

スポンサーサイト



コメント

No title

>GHQ,そして左翼(労組から核マルとそれを是認したメディア)また外国人(在日、在外)の3つの呪縛、以下、略。

敗戦後のGHQの呪縛は、現憲法を初め、大きい物が在ります。しかし、先にも述べた様にサンフランシスコ講和条約締結と日米安保条約改定後は、最早、改憲は我等の選択次第となりました。また、外交交渉で小笠原と沖縄返還後は、極論を言えば、日米安保条約ですら、『法的』には、破棄可能です。

また、左翼(含むリベラリスト)の呪縛は、それ以下です。因みに05年以降、各都道府県の大規模防災訓練で、対テロ訓練が導入されました。この時、左翼の御方は、何時もの如く、軍国主義云々と騒ぎましたが、その後、彼らは口を噤んでいます。何故なら、世界に怒涛のテロの嵐が吹き荒れ、在外邦人も犠牲となりました。そして、その魔の手が何時、国内に襲い掛かってもおかしくないですから。また、宗教絡みの過激原理主義テロリストに、反戦平和のお題目が通用しない事位、彼等も…。

No title

ましてや、外国人(在日、在外)の呪縛に至っては、国難が生じ、我が国論が、一つに向かった時、その足枷など、春泥以下でしかないでしょう。

とは言うものの、何らかの事態が起きた時、その被害局限化の為、自らの足場固め(政治や外交、防衛は元より、経済や果ては、文化等)は重要でしょう。

シンガポール共和国のトータルディフェンスの様に…。

No title

> th3**3さん
日本は戦争で奪われた沖縄を外交で取り戻しました。
今は日米同盟を破棄するわけには行きません。しかし
国家としての体制ははなはだ脆弱なものがあります。
弱点を正すは必要だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ