FC2ブログ

記事一覧

アナグマは捕れず、うちの山荘のマスコットに

この大きなヤツを4日間、毎晩、罠を箱罠とトラバサミ2個で捕獲を
試みたが、失敗した。

毎朝、几帳面に2時半に現れて、用意した餌は食べて行く。
箱罠も入り口が閉まり、トラバサミも上にそっと掛けた枯草や
枯れ葉を挟んでしまっている。

今朝はもう東京に帰るので罠類を倉庫に仕舞った。
出かけに隣にも掛からなかったと言った。
承知なしだ。
今日は良いコメントをいただき、「餌鍵を反対側にしたら」というものだった。

しかし、コヤツを殺すつもりは無いと運転しながら考えた。
これだけやられたらコヤツの利口さ機敏さ、を山荘の売り物して
彼をマスコット化して子供たちが来たとき罠で示してやるのも
面白いと。
「アナグマ荘」としてヤツのクソだめやほじった跡を見せて。

うちには幸いそう悪いことはしてない。
家の周りをうろついているのは夜中の気配で感じるが。
ハンスのような犬を連れて行って、退治するまでのこともなかろうと。

ヤツの好みは分かった。
マヨネーズだ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ