FC2ブログ

記事一覧

「空飛ぶ車」実現化の非現実性

日本の科学技術、製品開発力、生産能力の目玉的存在の、
国家的プロジェクト
として鳴り物入で幅広い分野の頭脳が結集されたと、報道されている。

車両とは陸上で運転者の操作により、人間、荷物を運搬する交通手段のひとつと定義されている。
運転者がAIに代わることを前提とした「自動運転車」も注目されているが
これも操作が別の何らかの形に進化したということで、陸上交通
機関であることに違いない。

「空飛ぶ」は明らかに航空機であり、この国家プロジェクトに国土交通省
も参画していており、2020年実用化という大前提を肯定し推進して
いる。

大きな矛盾を感じざるを得ない。
むしろ一種の誤魔化しだ。

「空飛ぶ」交通手段には制約が多い。
一つは航空機操縦免状が無くても、夜間証明、計器証明、無線資格
が無くても、運転免許証だけで空を飛べるのか。耐空証明という
機材の検査も厳しい。
最初から無人運航なのか?。
ドローンとどう違うのか?、などなど。

東京五輪の聖火に着火させる手段の一つなどと煽るのも良くない。

欧州の開発例を見ていると、ヘリコプターが、
地上の台に着陸、回転翼が畳めて、台に搭載され、それが機体の動力で
走る、と言うようなものがあった。離陸は逆の手順。
これが一番、現実性があるが、しかし
渋滞の列で突然、回転翼を伸ばし、飛び上がるなどは不可能だ。
台は誰が処理するのか。航空機は離陸、着陸には風に正対するが
原則だし。

だがオスプレーのような例もある。
アイデァが具現化した背景は軍用であったということで、
民用のものはまだ出ていない。

新しい技術を否定する意見ではないが、わずか2年後に「実用化」
するなどと言う出来もしないことを国家プロジェクトの大命題に
掲げることはできない。
「空飛ぶ車」などと言う概念が間違っている。
新しい、別な移動手段が生まれると言うことを目指さないと。
スポンサーサイト



コメント

No title

私が時代に追いつけていないのかもしれないが,「空飛ぶ車」という用語自体に言語の貧困さと幼稚さを感じます。

No title

> toudou455さん
この移動手段の名前は紛らわしい、自動車製造業界を巻き込みたい、産業省などの主導ではないでしょうか?

No title

> japaneseweaponsさん
なるほど,そうだったのですね。納得できました。分かりやすい解説ありがとうございます。

No title

良い例とは思えませんが、かっての原子力産業、特にプルトニューム再利用などは、官主導で行われた、日本独自のエネルギー政策ですが、失敗しました。
数兆円、三十年間がもんじゅの破棄に使われます。
それなりに福島第一と同じく技術は残りますが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ