FC2ブログ

記事一覧

「台湾が心配」と川島 真教授

昨日、聴いたお話だ。
簡潔に台湾の定義、その課題、方向性、そして日本への影響を
説明された。

一つは台湾は「親日」であり、韓国とは違うと言う日本人の過剰な
期待である。
日本統治50年間、国民党政権の侵入、国際的に中共の承認など
台湾の歴史は複雑だ。
「移行期正義」と言う概念からすれば、台湾がいつ何時日本に統治
時代の賠償を求めてくることもあり得ると言う点。

もう一つは中共との関係だ。
台湾人は中共の一部にはなりたくないだろうが、中共は周さんが
先日言ったように台湾は中国の一部であると言う意識だ。
とても中途半端な地位にある。

以上の2点が台湾がアジアの嵐の目になる可能性があると言う
論理の根拠だ。

いずれにせよ、「台湾」と言う国はない。
蒋 介石の「中華民国」だ。しかし国内の対立図は複雑であり、しかも
若い世代の考え方は「民主主義」だそうだ。リベラルか?

私は質問した。「台湾人」と「中国人」を言語以外でどう見分けるか?
これは銀座で見かける観光客を意識してだが、先生も最近は分からない
と言うお答えであった。(以前、台湾の会社社長から聞いたが日本で
鳩に関心を持つのが台湾人だと)

もうひとつ重要な質問が古老から出た。
「有事に米国は介入するか?」
お答えは「中国のミサイル網の能力から、射程内に空母を含む
艦隊は派遣しないだろう。」と言うものだった。

中共が台湾にミサイル攻撃をする可能性はなきにしもあらず、しかし
それをやれば周さんはヒトラーの横に並ぶことになろう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ