FC2ブログ

記事一覧

日本の国境の壁

トランプ大統領がこだわる「国境の壁」、恐らく多くの日本人には
その背景は簡単には理解できないだろう?
米国のカルフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコそしてテキサス州を
旅行すると、「地続きとは」が何を意味するかが分かる。
(これは欧州も同じだ。旅行中空から見ても線が引いているわけではない)

異なる国の人間が自由に行き来が出来るのだ。
これはかっては「犯罪」面で大きな問題だったが、今はそれにプラスして
「テロ」がある。不法移民などは大きな問題ではないかもしれない。

昔のトンプソン小銃の広告には、拳銃の弾薬.45口径がそのまま使える
と、馬に乗り襲ってくる盗賊を自宅のテラスから射撃して追い散らす
内容のものがあった。
先日旅行した際も米国入国者への厳しい対応に驚いたが。

日本は海に囲まれていたから、国境を越え他国の人間が
侵入してくることは比較的少なかった。

北の木造船漂着に関しては何度か書いた。
数字的には毎日一隻は来ているが、生存者や死体が発見された
のはほんの一部だ。もし400隻の木造船が遭難したら数千人の
遭難者が出ているはずだし、そんな数ならあの北でも問題になろうが?
木造小型船はレーダーに捕まり難い。

また鳥インフルや豚コレラは朝鮮、中国のウィルスと同じDNAだそうだ。
これは現在は合法的な入国者の靴から入っているとも推定されている。

何を言いたいかは日本もいつまでも「天気晴朗なれども波高し」の海に
守られているとは限らない。
日本にも何らかの{国境の壁」の概念は必要だ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ