FC2ブログ

記事一覧

果たして「拉致」問題は進展するか?

昔、新潟に行った際に横田 めぐみさんが拉致された現場、
氷川神社前を訪れた。
タクシーに「これこれ」と言うと「ここです」と迷いなく連れてくれた
から、有名な場所なのだろう。

今週の米朝会談で北が切ることができる具体的なカードは無いと、
皆さんの話を聴いていて感じた。
何でも北の食糧難は5月ごろにピークを迎えるそうだが、
日本国籍李さんのように「100万人餓死する」と予測した専門家もいた。
食料が無くて暴動が起こるのが怖いのが北の指導者だ。
そして国連制裁は効いている。

拉致に関しての最近の話題と言えば
1、被害者家族会が問題が解決すれば北を敵視しないと声明した。
2、死んだジョンイルが日本のラーメンが食べたいと、神戸で拉致された
2人のラーメン料理人が無事で結婚していると言うニュースが北から
入った。
この二つだ。
今までにない兆候だったので、今度は何か、動きがあるのではないかと
私も推測したい。

それにしても、小泉、安倍のタッグマッチで北朝鮮に日帰り2回して
曽我さん以下の一部拉致被害者を連れ戻したのは、大変な
ことだった。歴史家はもう少しこれは評価しても良い。
「拉致はなかった」としていた朝日やNHKのマイナス評価も再認識すべき。

一番の問題は時間が「たち過ぎ」た。40年は長い。
拉致被害者たちは私たちが想像もつかない、ドラマの世界のような
人生を過ごしているのだろう。

「もう帰りたくない」、と言う人達がいても不思議ではない。
スポンサーサイト



コメント

No title

本当に、時間がたち過ぎですよね。

新潟に関しては、まだ、横田めぐみさん達が拉致されたと分かる前に、新潟大に「夜、海岸に行かないように」という張り紙があったと言う話があります。噂でなく、大学関係者からのまた聞きです。

他にも、拉致未遂事件があったのでしょうね。

No title

> yan_yanさん
私は1959年頃、新潟の海岸でよく遊びました。現在は広い道路が走っております。そのあたりで不気味な感じを受けたことを記憶してます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ