fc2ブログ

記事一覧

腐ったキム血は見抜かれた

今回の米朝会談結果、
誰がホットして、誰がガックリきたか?
反日親韓日本メディアも冷静に判断して欲しい。

米国はトランプさんが前のめりになっていたが、国内、特に議会が
押さえたと思う。
白髭ボルトンが出ていたので、そうは甘くはないと感じていたが。

「拉致」は取り上げられたのは評価するとNHKの女性解説員がコメント
したが、当たり前のことではないか?

安倍さんはホットしたと思う。
非核化をする状況に無い北朝鮮には「腐ったキムチ一切れ」も与えて
は駄目だ。
国連制裁、その前に国連休戦協定がある。
米国だけでは譲れない。

ロシア疑惑証人喚問を同じ日にぶつけた米国議会のたくらみが
恐らく成功したのだろう。

負け犬はキム血だけなく、明日の独立宣言100周年を祝う、ムンさん
も同じだ。
(1909年の311独立はどこの国が承認したのか、それがない、と言う
ことすら語らない反日日本メディアの不自然は気になる。)

ムンさんには、加藤 清正公が出て寅退治をしてくれることを
5月5日には祈念したい。

トランプさんはアウトか?
NOだ。
彼のコア支持者、35%は「証言など、あのユダやろうと」
逆にコーエンに反感を持ち、彼の支持を固めるのがおちだ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ