FC2ブログ

記事一覧

起爆筒と科学専門高校

姪の長男が横浜の科学専門高校に入学するとのことで、
昨日は花見も兼ねて横浜に家族で行った。

弟の家に家族が全員集まっており、うちも家族で合流した。

祝いを手渡しながら、彼がその高校に進学する意義を僕なりに
述べた。
高校生から専門分野に進学するのは良いことだと思う。
この学校も10年くらい前に創立されて、優秀な科学者の卵を
毎年、輩出していると聞いていた。
大学まで同じ進路を採り続けるのは無駄が無くて良い。

論文は英語で書かねばならないから英語力は必だ。
入学前から勉強しているそうだ。

ところで、砲弾などの兵器に関しては歴史的な研究も含め、
非科学的な常識がまかり通っている。
先日も砲弾の信管はどこにあるか、と言うことで、議論になった。
頭か底か?
両方ある。

起爆筒(きばくとう)は重要な部品だ。
信管がこれを破裂させて、砲弾内部の炸薬が破裂する仕組みだ。
大きさは直径30㎜、長さ80㎜あり厚い鉄を黒く塗ってある。
塗ったのは炸薬の中で腐食しないためと言う。
底は塞がっている。
どういう砲弾のものかは不明だが、海軍砲の大きなもの用だろう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ