FC2ブログ

記事一覧

米国銃規制の問題点

銃を所持する、練習するが家族の行動になっている。

先日、ベイカーズフィールドの射撃場で見た光景だ。
労働者諸君の一家が、オートマテックを持ってやって来た。
オヤジ、妻と12-3歳の娘だ。

目的は娘に拳銃射撃を教えるためだ。
オヤジは娘がかわいくてしょうがないと言う感じで、彼女に拳銃のイロハを
教えて、射場に入った。

窓越しに見ていたが、肝心の女の子はすぐに飽きてしまった
ようだった。
DSC_0993.jpg

何歳から所持許可が出るかは知らないが、恐らく運転免許証と同じく16歳だろう。
目的は自衛だからだ。
広告にもあり、この店でも売っていたが、拳銃が入る女性用バッグは必需品だ。
普通のショルダーだが、裏側にポケットがあり拳銃を入れ、直ぐに抜ける構造だ。

オヤジは娘に拳銃射撃を教え、免許を取らせ、拳銃を買ってやり、自分で自分の身を護ることを
実践させるのが義務のようだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ