FC2ブログ

記事一覧

ロケットは一瞬で消えた

この休み中、彼らのもう一つの興味は米国製のロケットだ。
これは安物ではない本格的なものだ。
DSC_1214.jpg

機体はパパと彼らで夜なべして組み立てた。
全長は40cmほど。
下部に燃料を差し込み、三枚の羽があり、頭は折れて内部のパラシュートが
上空で射出される仕組みだ。

箱には1000フィートまで上がるとしていたが。

最後の日の早朝、起きると地上は無風に近い。
「よしやるぞ」と全員張り切る。
庭の真ん中にテーブルを出して、できるだけ平な発射を試みた。

全員興奮して写真や動画を撮るのは忘れた。
発射の起爆装置は僕が組み立て、電池を入れ、燃料に差し込んだ。
安全装置を押し込み、発射ボタンを押すと、ちょっと間があり、
「シュー」と威勢よく飛び上がった
およそ100mも上がっただろうか、パラシュートが開いた。
「ワー」と全員飛び上がったが、非情にもロケット本体は上空の風に流され
敷地の外れの森に落ちた。
樹に引っかかったのだろう。
探しに行ったが見つからなかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ