FC2ブログ

記事一覧

「アブ・ハチとらず」の語源にもなったアブ

今月中旬にアブに刺された。

山荘の周りにはアブが沢山いる。
敷地の中の渓流のせいだ。

車に乗る時に一緒に入る。
直ぐに帽子で叩くがあまり成功しない。
落としたが運転中に足首にチクット痛みが走った。
もう遅い、翌日からは腫れあがり痒いこと、痒いこと。
1週間は腫れはひかなかった。

アブが家の中に入ることはほとんどないが、網戸に来ていた。
この上に大きな蜘蛛の巣があったので、そこに掛かれば良いと思ったが掛からなかった。

「二兎を追い一兎も得ず」のことわざと同じ意味の「アブハチとらず」はここから来てるらしい。
蜘蛛が蜂と虻を狙い両方とも逃がしてしまうことから来たと言う。
確かにこのアブは2cmはゆうにあり、蜘蛛には大きすぎた。
DSC_1217.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ