FC2ブログ

記事一覧

アフリカに未来はあるか?

30年ほど前、アフリカの仕事をしたことがある。
自動車会社のクライアントだった。
自分では行ったことはない。
若者で是非行きたいと言う男に出張してもらった。
たしか、3か国、ケニア、象牙海岸、ともうひとつ忘れたが、もうひとつと南アが担当だった。
南アはまったく別な手法の仕事。

自動車会社の「アフリカ部」の信頼も期待も高く、良心的に仕事をして、成果もあった。

しかし、問題はその後だ。1990年代、
アフリカは政治的な状況が落ち着かず経済的にも酷く落ち込み、折角年間2-3億円は掛けていた
仕事もなくなった。ハイエースも売れなくなった。
僕のビジネス的にははっきり言ってどうでも良かった。
大変な仕事だし、出張する者も命がけだからだった。
DSC_1278.jpg

現在、世界でアフリカの意義を認めているのは中国、国連、FIFA,IOCなどではないか?
今回の横浜TICADには国連のどうでもよいようなジジィの総長も参加してた。

日本は中国に張り合うことはない。
恐らくAU55か国の中国と日本に期待することはまったく別物ではないか?
外交的にはAUを味方に付ければ55票は獲得できるが、有料だ
それに日本はもうスポーツイベントを招致することはしばらくない
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ