FC2ブログ

記事一覧

「マックを食う奴はIQが低い」とAIが・・・

何でもAIの時代だが、問題もある。
昨日、慶應義塾山本 龍彦博士のAIと法整備の話を聴いた。
なかなか聴ける話ではないし、本で読むテーマでもない。
大雨、嵐だったが。(スーツと傘が駄目になり捨てた)

AIは情報リテラシーの少なくとも小生の生きている間は究極のものだろう。
博士は、
金が掛かるから国家とか大組織しかその恩恵にはあずかれないし、使い方は様々だ。
良いのも悪いのも、DSCPDC_0000_BURST20191026134811307.jpg

博士はフライドポテトの嗜好と個人の頭の良さについての例を話した。
(標題は小生の創作である)
そして利用者としては国家、
中国が一つの例になる。顔認証から個人情報、人権は守られてない。
一党独裁国家が13億の民の支配にAIを利用する。近未来的恐怖だ。

日本では憲法13条に個人の尊重がうたわれたおり、問題が提起されれば個人が勝つ
つまり日本はデータ倫理がまだ尊重されるから、AIを使い勝手なとこは出来ない。
また憲法22条には最後は人間が責任を取るとあるそうだ。

標記の例に戻れば分かり易いが、AIの分析が「差別」を生むことになればこれは民主主義に
とり大きな問題である。
日本の個人情報保護法はそこまでは考えてない。

日本としては欧州的な論理を用いた基準が合っているのではないか?
と言うことで締めくくったが、内容的には考えさせられた。
特に行動分析、顔認証、動作認識などの技術は日進月歩だから恐ろしい。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ