FC2ブログ

記事一覧

首里城炎上のその後

一週間が経ち、状況が判明するとともに幾つか気になることもある。

ひとつはあのような巨大な木造建築、新たに作られたとはいえとても重要なものだ、の管理が
実にお粗末もだったことだ。

防火も、初期活動も・・・
貴重な文化財も数百点が焼失したと言うし。

募金も集まっているが再建には数億円どころか、数百億円でもとても足りない規模の火災だった。
恐らく千億円以上掛かるだろう。
2-3年で元通りに再建できるなどは夢の夢だ。
現実的には最低数年は掛かる

沖縄メディア報道では、再建の主導を国家が取るのはけしからん的なことが言われている。
安倍総理の特別予算云々に対してだ。
失礼ではないか?
DSC_1615.jpg

あのような間抜けな管理に国の予算を使うほうが問題だ
寄付を出した人たちも再建後の明確な管理をお願いしなければならない。
沖縄メディアは感謝の気持ちがない。デニーは板挟みで可哀そうだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ