fc2ブログ

記事一覧

マキストーブの修理

マキストーブはなかなか良いが、やっかいなものだ。
毎朝の掃除やマキ造りも。

近頃は値段も手ごろで良い製品があるが、僕がこれを山荘に採用した頃は高かった。
本体もだが、工事費も。

マキは近所の人達がいつの間にか、納屋外屋根のあるところに置いて行ってくれた。
それを使い楽しんだ。
最近はこれにはまる人達が多く、クラブでも食事の際に話題になる。
特にマキ造り、切り方、割り方などだ。

今朝、早く鉄工所のNさんが山荘に寄ってくれた。
火床が割れてしまったので、連絡してあった。
DSC_1666.jpg

この部分が二つで全体の火床となる。
片方を持っていき、鉄で同じようなものを作って貰う。
それに煙突掃除用の穴蓋が留め具が外れたので、その金具も。

最近は過疎化でマキの供給も少ないし、自分で作るのも得意だったが、
割るのがキツイ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ