fc2ブログ

記事一覧

国際防衛装備品見本市

今日まで幕張で開催されている。
メディアはその背景を含め興味深々に捉えており、り口で「センソーハンタィ」と集まる人々の
シミだらけの許せない顔顔を取り上げた。


でも報道では何か足らない部分がある。
外国半分を含め、企業150社の参加は中規模の見本市だそうだ。
メッセは特に欧州では盛んなビジネス交渉の場で武器兵器や航空機、自動車などに関しては
珍しくはない。

更に、日本は長年、防衛産業に我慢を強いてきた。
例の武器輸出三原則のせいだ。
防衛産業は輸出がなければ利益の上がらないものだ。可哀そうに。
かって帽子を作る会社の人の話を聴いたことがる。良いものを作っても市場がないので
利益が上がらないと。

日本は小さな、ニッチな技術で定評がある。
武器兵器に使われていても汎用にもなる。
勿論武器兵器で大々的に使われれば利益もあがりさらに新たな技術を蓄積できる。
みすみす宝を死蔵してた。

武器兵器のメッセを自国で開催し、海外から企業、軍、商社などを呼び込むことは当たり前の
商業活動なのだ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ