FC2ブログ

記事一覧

オーストラリアの山林火災に・・

すでに日本国土半分の面積が燃えたそだ。
豪州大陸は日本の20倍くらいと広大だが、すでに5%くらいが被害を受けている計算になる。
しばらくは自然に消火する状態ではないそうだ。
まだ夏の真っ最中で、高温と乾燥が続いている。

日本としては何か手伝うことは出来ないのか?
自衛隊が輸送機を2機派遣するが、消防庁はなど?
人員の派遣は日本も何か起こるか分からないし。

消火ヘリはどうなのか?
陸自のCH47にバケツを付けたものとかを送れないのだろうか?
飛んで行くには遠過ぎる、運搬には、と考えると、「いせ、かが」に機材を積んで行く
ことしかないだろう。
「いせ、かが」が行くとなると救援物資も沢山搭載できるし。
陸自と空自で計70機ほどを保有している、日本はCH47国だ。
この際、10機ほどヘリ空母に搭載して派遣したらどうか?

豪州は日本にとり重要な国だ

子供のころ、和歌山で列車の中から森林火災を見たことがある。
駅の裏の山の小規模なものだったが、メラメラ燃える炎の勢いの光景は忘れられない。
スマホがあったら直ぐに撮影して皆に送れたが・・記憶にしかない。

スポンサーサイト



コメント

No title

私もそう思います。東日本大震災で受けた恩に報いるのは,今この時だと思います。ただちにいせとかがを出すべきだと考えます。私もブログで書いてみますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ