FC2ブログ

記事一覧

居酒屋文化の終焉

銃砲史学会例会の打ち上げはいつも早稲田の「かわうち」と言う居酒屋で行っていた。
恐らく峯田さんのネゴで2時間だけどとてもリーゾナブルな飲み物、食べ物だった。
グループの会だが、各々が注文するモノは即出てくる、味も良い。
しかし席は狭い。およそ16人くらいの参加者が横5m、幅1.8mのところに座る。
皆大声で興奮して絶え間なく話す。三密の究極。
もしコロナ感染者が1名でもいたら全員に感染するような環境だ。

居酒屋は日本の食文化のひとつの大きな要素であった。
でも今はほとんどが閉鎖中か客がゼロの状態だ。
居酒屋、特に北海道系は中国人さんのお気に入りだったのが、不幸だった。

コロナ感染が収束しても、恐らく居酒屋は生き残れないだろう。

同じような中国人さまが大好きだったカラオケも、またスナックやキャバクラも。
奴らに好かれたらろくなことはない。
mb
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ