FC2ブログ

記事一覧

検察官定年延長問題の行方

どうも政治は良く分からない。
定年に掛かる人達は検察官に限らず、他の国家公務員も大変な災難だ。
定年は自分も2回経験した。
会社の60歳と子会社社長の63歳だ。
僕の年齢では恵まれていたのではないか?何の資格がある人間ではないが?

ところで検察官OBは弁護士になるようだが、その資格がない検察官はいるのだろか?安原検事総長は太ちゃんの親父で、奥さんと母がママ友だったので、知人子弟の
就職や他のお願いで何回かお会いした。偉い人だったらしいが、太ちゃんとは似ても
似つかない厳しい人だった。
検察官だった人は安原さんしか知らない。

検察官が弁護士になると、真逆の立場だが、どう頭の処理するのか?
定年前に弁護士になる支度をしたら検察官の立場が弱くなるのではないか?

いずれにせよ、定年延長は民間でも自動的と言うことはない
今回の問題はどうも本質を明確にしてないから、多くの定年前の人達が迷惑しているかも知れない。
60歳の人間はけして「終わった人」ではないから、ご自分も行先は考えているだろうが、
日本の制度は人口減少にまだ対応してない。
誰かが審査するのだ。
スポンサーサイト



コメント

No title

制度とすると無能も残る 本当に有能な者だけ延長させればよいと思いますよ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ