FC2ブログ

記事一覧

今こそ軍事的概念の重要性

笑ってしまうのは「攻撃力」議論だ
日本国憲法は防衛は認めても攻撃は認めてない、が日本の反日メディアの論理だが、
本当にそうか?

防衛と攻撃はどこに線がひいてあるのか?
理論的に答えて欲しい。
攻撃されてから専守防衛行動を起こす、それは現実的か?
勿論現実的ではない。そんなことはありえない。

突き詰めると、攻撃される前に抑止するのが防衛力ではないか?

反日メディアは日本が攻撃される心配はない、なぜにそんなに軍事力にこだわるのかと唱えてきた。
これもおかしな論理だ。
中国さまや朝鮮半島のシンパの意見だと感じる。

日本国憲法は国際問題を軍事力で解決するのは禁じているが、敵の攻撃は禁じてない。

中国さまや朝鮮半島の軍事的脅威が増加すれば、どんな憲法下でも抑止的攻撃力の準備や検討は
すすめるのが常識だ。

日本人、目を覚ませ。
スポンサーサイト



コメント

No title

昔から 攻撃は最大の防御 忘れてますね日本人

戦わずして勝つは兵法の極意なれど、戦わずして負けが込んでるきがします、我が国は…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ