FC2ブログ

記事一覧

三十年式銃剣の製造元

「日本の軍用銃」に書いた。
三十年式銃剣は明治30年、1998年に制定された、日本的な長い、片刃の銃剣だ。
三十年式、三十五年式、三八式、九九式小銃そして軽機関銃に装着された。
私の推定では830万振が製造された
小倉、名古屋工廠のもと、昭和の大動員時代に幾つかの民間会社が製造したが、そのひとつ光精機のもの
以下の刻印がある。.
thumbnail (28)

私が工廠記録を調べるまで米国ではラリー・ジョンソンさんも民間の製造会社を
一部しか解明していなかった。
この刻印はプリズムの形だから光精機としたが、他は全て会社名と刻印の因果関係が明らかであった。
まずは間違いない。

この会社は蒲田にあった。当時の兵器工場は現在の大田区、羽田の近くの集中した。

以前、銃砲史学会で江東区を見学した際に渋沢倉庫にこのロゴがあったので、何か因縁があろうと
推察した。
NHKさんの小河ドラマの影響は大きい、どこに行ってもあのジィさんの顔が見られる。
渋沢倉庫のロゴは鼓を立てた、立鼓、りうごと言うものだそうだが。

なお銃剣の製造会社は八九式擲弾筒も製造していた。光精機も例外ではない。
光精機は今はないが多分古河グループだったのだろう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ