FC2ブログ

記事一覧

台湾侵攻‥川島 真先生のお話

先週、金曜日、石 平さんの講話の直ぐ後に同じテーマで聴いた話だ。
川島先生は「中国の台湾侵攻は直ぐにはない、」と言うご意見であった。

台湾の事情、国際世論などを説明してくれた。
いずれにせよ今の緊張感は習さんの自今業自得であると言うのは石 平さんと同じ。

台湾の意識、独立に関しては半数を超えている、そして自分のアイデンティはここ30年ほどで大きく変わって
「台湾人」とするのが67%、中国人は2.4%だそうだ。
蔡政権の基盤は必ずしも強くないと。
私の経験では台湾の人間は良く言えばフレキシブル、悪く言えば気が変わり易いと言う認識がある。
だから今の数字も確固たるものとは受け止められないが、しかし現在の中国のやり方は逆に作用しているようだ。

さて今後どうなるか?
僕は共産党は台湾や日本には武力侵攻はしないと考える。南朝鮮には北朝鮮を使うかもしれないが・・
川島先生は台湾は予備役を含め500万人の戦闘員がいるから、中国の武力侵攻は犠牲が多いと。

どういう手を使うかと言うと、台湾には利益作戦だと思う。中国を受け入れれば台湾人に大きな利益があると
言うもの。
日本には中国版日本人マイナンバーカードを充実させ同化作戦を進めると言うものだろうと推察する。日本人の個人情報を分析して、NHK,朝日などの親中メディアを使うのだ。
いずれにせよ、ソフパワーでじわじわと来る。中国の覇権は今は普遍的な事実だ。
スポンサーサイト



コメント

No title

どこまでも 汚い中華です
刺激をさせないよう 気をつかう日本の閣僚の馬鹿
ウイルスも含め自国の安心安全は自国民で守るべき
中華より閣僚はいらない 国民が立ち上がらないと

No title

世界的な視点からすると日本は唯一、中国寄りの先進国、孔子曰く「人を見るなら友を見ろ」なら、北朝鮮が中国の唯一の友ですが、日本もそう言われないように
気を付けるべきでしょう。

No title

排除すべきはあの糞爺

No title

2回の2階のジジィですか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ