FC2ブログ

記事一覧

英国人が撮影した明治日本女性


ハーバート・ボンディングと言う英国人写真家、南極にも行ったことのある英国では著名な写真家らしいが、彼が日露戦争前の日本に来て、さまざまな写真を数百とり、仔細な日記をつけていた。

「英国人写真家の見た明治日本」この世の楽園日本、長岡 祥三訳、講談社学芸文庫
新書版なので、肝心の写真が良く見えないが、箱型カメラを使いかなり丁寧に撮影してある。

彼の題材は、風景、人々、生活、名所旧跡的なものだが、特徴として、女性の写真がとても多い。
一般の女性、子供以外にも、女中、芸者、娼婦なども多く取っている。女性好きだったようだ。

口説き、説得が上手だったのか、さまざまな様子が取られている。

この画像もその本からだ。
「立ち姿の芸者」として3人の芸者の写真である。
今見ても全員美人だし、その着物がなかなかこった柄だ。

なお、ボンティングはショーン・コネリーのような男でなかなかハンサムだった。

日記にも職人の様子、軍の病院を見舞った女子小学生、先生、看護婦の様子を描いた記述があるが、とても生き生きしており、文章も上手な人間だった。

僕の経験では写真家は当然ながら観察力とか、方向感覚とか普通の人間より優れた能力がある職だ。
そういう感覚のにぶい人は写真家としては大成しない。

スポンサーサイト



コメント

No title

どの芸妓も可愛いし気がよさそうですね。右端の妓などは、先日勘違いをして十二単で結婚式をした女優よりも総てにおいて優りそうです。

No title

この写真家は日本人の美人を探すのがうまく、子供なども実に可愛い子を選んでます。英国人ですが、なかなかの奴です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ