FC2ブログ

記事一覧

非常持ち出し 車箪笥


車箪笥は普通の箪笥と異なり、フレーム構造で、車輪がついている。
かなり大型のものからこの画像のもののように、幅90x奥行き50x高さ95cmの小型のものまである。
素材は欅で重い。普通、日本の衣類箪笥は板を組み合わせて枠を作り、引き出しをいれてある。
しかしこの種は角材で枠を作り、それに板が張ってある。
三国箪笥などに見られる形式だ。勿論このほうが頑丈だ。

引き出しは、引き戸の中にもある。いずれの引き出しも鍵が掛かるようになっている。

今では珍しいのでインテリアに使うアンティーク家具だが、本来の用途は、地震、火事などの非常用持ち出し収容庫だったそうだ。
そのために4個の車があり、押したり、引っ張ったりして避難できた。
特に火事は延焼が多かったので、昔の人は避難するまで出来るだけ重要なものいかに持ち出すか、絶えず考えていた。

そのためにこの箪笥は家の出口の近くに置かれて、書類や債権などを入れたと言う。太い鉄輪のロープかけがついている。

うちでも玄関においているが、とうとう靴箱になってしまった。箱に入った靴を入れてある。
アンティーク家具としては高価なものだが、現代的な使い方になった。
ちょっともったいないが。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ